マネジュク【部下の育て方が分かるブログ】

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下が上司を評価する時代に?360度評価(多面評価)は導入するべきか

昨今では、部下が上司を評価する時代になってきたようです。

「360度評価」や「多面評価」とも言われてます。

今回はこの360度評価について、導入するべきかどうかお話します。

Contents

360度評価を導入するべき?

360度評価を導入するべき?

結論から言いますと「導入しても良い」

これが私の考えです。

何故かというと、上の人にだけ評価されたら良い事には、問題があるから

ようは、部下には嫌われてるけど上司には好かれている。

そんな無能人間が昇給・昇格するのは組織的にも良くないですね。

だから、360度評価は否定できません。

なぜ「導入してもいい」としたか

私が「360度評価を“導入してもいい”」と言ったのには3つ理由があります。

  • 職場の環境状態による
  • 評価基準がしっかり作れるかどうか
  • 評価に不正の余地が無いようにシステム化出来るか

この3点をクリア出来れば、部下が上司を評価するようになっても良いと考えてます。

360度評価を導入するためのポイント

360度評価を導入するためのポイント

部下が上司を評価する事も難しいです。

同じように上司が部下の事を評価する事も難しい。

マネジメント・コンサルタントのマーカス・バッキンガムは「人間は他人を客観的に正しく評価する事は出来ない事だ」と言ってます。

読者

だからこそ360度評価が良いんじゃないの

と思う方は心のキレイな人ですね。(笑)

ハメようとする人は複数人を巻き込んで、特定の人を落とそうとします。

だから、導入するには3つのポイントをクリアする必要があります。

職場の環境状態を整える事

360度評価を成立させるには、互いに信頼関係がある職場でないと無理です。

あと、クソ忙しい職場も360度評価なんてやってられません。

足の引っ張り合いが普通にある職場なんて余計にダメ。

集団で仕組まれたら、特定の集団が高評価を得て、特定の人が低評価を受ける事になりますね。

だから・・・

  • 信頼関係がない職場
  • 荒れている職場
  • クソ忙しい職場

こういう職場環境では360度評価を導入したらダメです。

評価基準を明確に作る事

個人的な好き嫌いという主観が入ると、その評価に価値は無くなります。

さっきと同じで、仕事自体は優秀でも嫌われてる人が評価されなくなる。

もちろん人に好かれる事も大事だけど、仕事しに会社に来ているんです。

仕事は出来るけど一部嫌われてる人たちからの低評価で、不当な評価を付けられる可能性があります。

なので、評価の基準は明確にしてから360度評価の導入はをしましょう。

不正が出来ないシステムになっているか

不正は幾らでもやろうと思えばやれます。

例えば・・・

  • 部下が集団で上司に低評価をする
  • 社内イジメの道具に利用される
  • 一定人数を囲う事による組織票

こういった不正を防ぐ事が出来るのであれば、360度評価は導入しても良いです。

わりと無茶な話なんですけどw

だから、360度評価を導入するなら、第一に職場の人達の関係性を良くする事が大事ですよ。

まとめ:360度評価は良い事だけど

360度評価は良い事だけど

部下が上司を評価する事は悪くないです。

むしろ、上ばかり見ていた上司を下に向けさせる効果はあります。

ですが、上司から部下に対する評価を盾に取引するなどの不正が行われる・・・といった可能性もゼロではない。

正直360度評価は、表立って導入するには問題が多すぎる場合があります。

なので、人事評定をする人が突然こっそりと聞き取り調査等をする事が360度評価のベターなやり方だな、と考えます。

この記事は、これで以上です。読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。