マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

アラウンド定年を上手く操る方法

  読者

定年間近の人に仕事を振ったら、断られる
どうしたらいいかな?

  龍那

その人でないと出来ない仕事を任せましょ

今回は、定年間近の人が管理職を降りて、年上部下になった時のマネジメントについて解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • アラウンド定年の方が、やりがいを感じてくれる
  • 全体のレベルアップになる

本質は単純です。やってみましょう。

目次

アラウンド定年の本音

アラウンド定年の本音

好きにさせてくれ。

なんでかっていうと、辞めたら退職金は無くなる。

でも、アレコレ仕事をする体力も無ければ、管理職を次の人に任せてる。

自分から特にする事が無いんですよね。

だけど・・・プライドがあるから、自分から誰でも出来るような仕事はしない。

管理職だって、遠慮しがちになる。

だから、俺の好きにやらせろ。

全員がそうじゃないけど、こうなっちゃいますね。

アラウンド定年の活用

アラウンド定年の活用

経験はあるんで、頼りにしましょ。

結局、「誰かに頼りにされる事」って嬉しいもんです。

定年間近だからって、お荷物にするんじゃ勿体ない。

例えば・・・

  • アドバイスを求める
  • 後輩の育成をお願いする

主にこの2つは王道ですね。

現場の仕事を断られるんなら、こういった別の方法で頼りましょう。

ベッタベタに褒めて、お願いすればやってくれますよ。

何故「人に頼られる事」が大事か

何故「人に頼られる事」が大事か

頼られるって事は、自分の存在価値を認めてくれる事だから。

頼るって事は、その人の能力を信頼してるって事でしょ。

そういう心理は、頼られる方も分かってます。

だから頼られる事って、嬉しいんです。

人の究極の幸せは4つ。

  • 愛される事
  • 褒められる事
  • 人の役に立つ事
  • 人に必要とされる事

アラウンド定年者が今、出来る事で良いんで、力を借りましょう。

アラウンド定年者が居なくなったら、力を借りる事は出来なくなります。

今までの知識や技術をしっかり会社に残していってもらいましょ。

モチベを本気で維持させたいなら

モチベを本気で維持させたいなら

仕事はボランティアじゃないんで、評価・報酬に反映させる事。

当たり前の事です。

いくら退職金が入るからといって、評価も報酬も上げなければ、誰もやってくれません。

忘れないようにしましょ。

アラウンド定年を上手く操る方法

アラウンド定年を上手く操る方法

シンプルに、頼れば良いんです。

今までに培ったものを、今後の会社の為に活かしてもらいましょう。

例えば・・・

  • アドバイスをもらう
  • 後輩を育ててもらう

人から頼られたら、嬉しいもんですからね。

「 俺の好きな事、やらせてくれ 」

って言う人は、とりあえずやらせておきましょ。

意外な能力を発揮するかもしれません。

アラウンド定年者のノウハウを教えてもらうってのも、1つの方法です。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。