マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【完全保存版】部下に指摘する時のポイント

部下に指摘する時って、気遣う
どう指摘したら良いだろう・・・?

 今回は、このような悩みを解決いたします。

 

【 この記事を読むべき人 】

  • 指摘しすぎて辞めないか不安な方
  • どうやって注意すれば効果的か、知りたい方

 この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。上司が部下に指摘する場面は多いので、お任せ下さい。

 

 

目次

1.部下に指摘する時に常識は不要

1-1.常識的な事を部下に指摘しない

遅刻に怒ってる人

 言われなくても分かってるような事を、いちいち指摘してはダメ。

 そんな事は、本人だって分かってます。

 例えば・・・

  • デスクの整理
  • 遅刻しない
  • 挨拶をする
  • 丁寧な接客

 以上の程度の事を指摘した所で、簡単に直りません。

「それくらい分かってる」と思われて、それで終わります。

 あなたの仕事は、部下の気分を下げる事が仕事ではないでしょう。

 

 色々と反論があるでしょうが、言葉で人を変えられるんなら、誰も苦労しないんですよ。

 まずは、「他人は変えられない」って事を知って下さい。

 

1-2.部下に指摘する時の具体的対処法

イケてる上司

遅刻してきた時

「遅刻しても会社に来るなんて、責任感あるじゃん」

 これでOK

 どうせ、本人は言い訳をするだけです。(口に出さなくても)

 だから、「会社に来た」という事実を認め、「責任感がある」とラベリングしましょ。

 

 承認出来る事は、出来るだけ承認しましょうよ。

「お前は責任感がある」と言えば、そのうち、責任感のある行動を始めます。

 ラベリング理論については、【管理職向け】本音と建前の上手い使い方で説明しているので、読んでみて下さい。

 

 そして、自分の常識を相手に求めてはいけません。

 部下は抵抗し、指摘しても変わりません。そして、あなたがイライラするだけです。

 イライラを抑える方法は、【保存版】イライラしてしまう原因と対策法で解説しているので、なおしたいって人は読んでみて下さい。

 

2.部下に指摘する時に感情は不要

2-1.指摘に理由を付ける

オフィスでの会話

 事実に基づき、理由をキッチリ説明しないと、相手が納得しません。

 例えば・・・

「作業着の前を閉じろ」と指摘しても、ダメ。

「機械に巻き込まれやすくなって、危ないから」と説明しましょ。

 こういった、ちょっとした丁寧さが、マネジメントには必要なんです。

 

( 別の例 )

「丁寧に接客しろ」 では、ダメ。

「お客様に満足してもらえなかったら、次から来なくなる。そしたら、売上が減ったり、悪い口コミが広がる。結果的に、俺たちの収入に影響するだろ? だから、丁寧に接客しないと、損するだけだぞ」

 誰もが、その先の事をイメージ出来ると思ってはいけません。

 何故、ちゃんとしないといけないのか・・・明確な理由を説明してあげましょ。

 

2-2.指摘は、感情任せにならない事

ブチキレてる人

 感情に任せて指摘すると、必ず失敗します。

 何故なら、言葉の選択肢を間違えるから。

  • 理由を省きがち
  • 人格否定までしてしまう可能性アリ
  • 聴き手に「怒ってる」という印象しか与えられない
  • 特に女性は感情的になりやすいので、注意

 口が滑って人格否定までしたら、退職しちゃうかもしれません。(退職で済めば、まだ良いですけどね)

 人は、自分の事を否定する人と、「一緒に居たい」なんて思いません。

 ちょっとした事で信用を失ってしまいかねないので、冷静になりましょう。

 

2-3.指摘する時に気を付ける事

仕事出来る人

 これから言うポイントを押さえれば、上手く指摘出来るようになりますよ。

  • 見つけたら、その場で
  • 本人だけに伝わる声量、環境で
  • ちゃんと理由も説明
  • 感情を混ぜない
  • なるべく端的に
  • 叱る基準を一定に
  • 自分が同じ事をしないように

 よくない実例があるので、紹介しますね。

 私が帽子をかぶらずに、加工場に入った事に対して、注意した人が居ました。

 後日、他の社員が目の前で同じ事をしても注意しなかった。

 また別の日、指摘した本人が、同じ事をしてしまう。

 んな事したら、完全にアウト。

 だから、あまりしょーもない事で指摘しない方が良いんです。

 部下は結構見てますよ。

「今、この前私に指摘した事やりましたよね」なんて言う部下は居ません。部下だって大人ですから。(笑)

 部下はちゃんと覚えて、あなたに対する不信感が強くなっていくだけです。

 

 以上の点に気を付ければ、相手の不満ポイントは、ほぼ消えます。

 また、期待している事を伝えておけば、モチベが下がる事は、あまりないでしょう。

 ここまで丁寧にやる人は全然居ません。

 なので、頑張れば、あなたは管理職として上手くいきますよ。

 部下のモチベーションを上げる方法は、

【管理職向け】部下のやる気を上げる方法【本質】にまとめています。ぜひ、読んでみて下さい。

 

3.部下に指摘するよりも、承認

笑顔のおじさん

 指摘を減らし、承認をすれば、いざ指摘した時に効果的です。

 普段から・・・

 ちょっとミスしても、行動を認めてくれる

 調子の悪い時は、すぐ気付いてくれて、帰るよう促してくれる

 そんな上司が、突然叱ったら・・・?

 ビックリすると同時に、本気で言ってくれてるって思いますよ。

 だから、普段は承認しましょ。

 

【 例 】

 頼んでいた資料を持ってきてくれたけど、間違いがあった時
 一言目に、どう言うか

「ここ、間違えてるよ」

「ありがとう。でも、ここ、間違えてるよ」

 たった「ありがとう」と付け加えるだけで、受け手の気分が違いますよね。

 だから、承認(言葉)って大事なんです。

 

 承認について、詳しく知りたい方は

【 実践編 】 褒め方のコツ < 永久保存版 >にて解説しています。読んでみて下さい。

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。