マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【 管理職向け 】部下を動かすコミュニケーション 3つのポイント

コミュニケーションを意識してるのに、言う事を聞いてくれてない。
どうしたらいいんだろう?

 今回は、そんな悩みを解決いたします。

 

【 この記事を読むべき人 】

  • 叱っても、改善の傾向が見られない
  • どう言えば聞いてくれるか、悩んでる方

 この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。部下とのコミュニケーション方法を教える事、よくありますので、お任せ下さい。

 

 

目次

部下を動かすポイント1 質

1-1.コミュニケーションは、量より質

量と質

 いくら、良い言葉を大量に使っても、相手に届いてなければ、全く無意味です。

 だから、量や技術の前に「 質 」を大事にしてほしいです。

質ってどういう事を注意したらいいの?

 日常の承認ですね。

また承認なの?

 承認です。

「 普段から見てくれてる 」って思わせると、言葉を受け取ってくれるようになります。

 その、「 普段から見てくれてる 」て感じさせる言葉が、承認なんです。

 承認の仕方は、【 実践編 】 褒め方のコツ < 永久保存版 >で解説しているんで、部下を動かせるようになりたい人は、読んでみて下さい。

 

1-2.承認は、部下を動かす土台

承認

 承認を積み上げれば、全ての言葉を受け取ってくれるようになります。

 ちょっと、想像してみて下さい。

 全然普段から気にかけてくれない上司から・・・

「よく頑張ったな」 と言われたら?

「何やってんだ! お前らしくないじゃないか」 と言われたら?

 これ、叱る方は一応技術を使ってるんですが、どっちも受け取れませんよね。

 口では受け取ってくれてるように思っても・・・内心では

「結果が出た時だけかよ」

「うるせぇ。普段、現場見てねぇくせに・・・黙れ」

 って、思ってる・・・かも?(笑)

 

『 褒める 』も『 叱る 』も、特別な場面で使う言葉なんです。

 そんな時だけ技術を使っても、全然相手には響かないんです。

 大事なのは、日常っていう土台なんです。

言葉の土台図

 土台が出来て無いと、相手は『 褒める 』も『 叱る 』も受け取れないんです。

 だから、日常。 日常の承認なんです。

 日常の承認が、コミュニケーションの『質』です。

 

部下を動かすポイント2 聴く

2-1.コミュニケーションの基礎は、話す前に聴く

対話

 コミュニケーションは、話掛ければ良い。と思ったら、大間違いです。

 自分の話を聴いてくれない人が喋っていても、真剣に聴こうって思わないでしょ?

 例えば・・・

  • よく声が被る
  • 話題を奪っていく
  • 全然聴いてくれてるように見えない

 いくら相手の喋りが上手でも、聴く気になれませんね。

 だから、まずは聴く姿勢を意識しましょ。

 

2-2.話を聴く時のポイント

会話

 人の話を聴く時のポイントは、3つあります。

  1. 相槌を打つ
  2. 答えを持たないで聴く
  3. 声になってない声も聴く

 それぞれについて、ポイントを挙げます。

 

【 相槌を打つ 】

  • 自然に相槌を打つ
  • 表情は、基本的に笑顔
  • 首だけでなく、体全体で
  • 時には「うん」「それで?」と言う

 出来れば、普段から笑顔を意識して下さい。

 叱る時に大きなギャップを与えられるので、メリットはデカいですよ。

 

【 答えを持たないで聴く 】

  • 頭の良い人や、役職の高い人は、特に注意
  • 答えを持つと、相手の話が入らなくなる
  • 結構意識しないと難しい

 答えが浮かぶ事自体は、悪くないんです。

 ただ、その答えが相手にとって100%の回答とは限らない。

 口に出さず、リセットしましょ。

 ちゃんと聴いて、ちゃんと答えを出さないと、「 この人は、話を聴いてないな 」って思われてしまいます。

 

【 声になってない声も聴く 】

  • 相手の表情を見る
  • 喋り方、クセを観察する
  • 相手の話を深掘りしてみる
  • 相手が聴いてくれてる時にも使える

 こちらが話をしている時は、相手の表情を見て、「理解してなさそうだな」と感じたら、言い方を変えてみましょ。

 相手が喋っている時は、「全部言葉に出来て無さそうだな」と感じる事もあります。

 そういう時は、「こういう事で合ってる?」など、確認してみると良いです。

 

 ここまでやれば、相手は「俺の話を聴いてくれてる」って思います。

 そしたら、今度はあなたの話を聴いてくれるようになります。

  • 聞いてくれた分、聞こうとする(返報性の原理)
  • 否定せず聞いたくれた = 警戒心が薄れる 

 だから、部下を動かしたければ、まず聴きましょ。

 

部下を動かすポイント3 技術

3-1.コミュニケーションのギャップ

イケメン上司

 叱る時に必要なギャップは、日常との落差が必要。

 ちょっと想像してみて下さい。

 普段から、怒ってる人 が怒っても・・・

「 いつも通りだな 」 としか思えませんね。

 

 普段は穏やかで、全然怒らない人 が怒ったら・・・

 ビックリしますよね。

 だから、普段から『 承認 』と『 笑顔 』を意識しましょ。

 

3-2.部下を動かす話し方

リーダー

 この部分だけ読んでも、上手くいかないので、注意してください。

 なんでかって言うと、あなたの心と言葉が一致してないから。

 相手を舐めてると、あなたの言葉の軽さに気付かれて、余計に信用をなくします。

 

 では、具体例にまいりましょう。

「 掃除を、しっかりしてほしい 」

 こんな事、直接言った所で、部下を動かす事は出来ません

 

 そこで、部下を動かす技術を3つ教えます。

  • ラベリング理論
  • カチッ・サー効果
  • 奈良の鹿

 それぞれについて、解説します。

 ラベリング理論とは 貼られたラベルに沿って行動してしまう心理。

 トイレの「キレイに使っていただき、ありがとうございます」って貼り紙が、これ。

 カチッ・サー効果とは 理由を、ちゃんと伝える方法。

「急いでいるので、先にコピーを取らせてくれないか?」と、明確に伝える。

 お願いが大きければ大きい程、ちゃんと理由を伝える事で、部下が動く確率が上がる。

 カチッサー効果-Wikipedia

 奈良の鹿とは 「君なら」「君にしか」と言う方法。

 あなただから。という理由を付けて、褒めたり、お願いする方法。

「君なら出来るよ」「君にしか出来ない事なんだ」と伝えます。

 

 ぶっちゃけ、承認が貯まれば、部下自ら動きます。

 ただし、承認欲求が貯まった相手だからといって、雑にお願いしたらダメですよ。

 

 部下を動かそう思っても、すぐに部下は動きません。

部下を動かすコミュニケーション法 終わりに

 よっぽどデキる部下が居れば、別です。

 だから、最初はツラい気持ちになる事が多いです。

 しかし、諦めたら今までと一緒。何も変えられません。

 

 すると、あなたの管理能力は会社から認められません。ポジションも今のまま。

 今ここで頑張れば、きっと、あなたの給料は更にアップしますよ。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。