マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下に強く言葉を伝える方法 逆パワハラが怖い上司、必見

  読者

パワハラになりかねないし、部下に強く言えない
でも、言わなきゃいけないんだよね

  龍那

伝え方のテクニックを覚えましょう

今回は、部下に強く言わないといけない。だけど、後の事を考えてしまい、部下に響かない。そんな方のために、部下に伝える時のテクニックを解説いたします。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 部下がレベルアップする
  • 部下のモチベが上がる
  • 本当に強く言いたい時に言えるようになる

目次

ただ強く言っても無駄な理由

ただ強く言っても無駄な理由

部下に伝えようと、ただ強く言っても、怒ってるようにしか見えません。

怒ってる人の話は、頭に残りませんね。

特に、毎日のように同じ事を言う人の話は、右耳から左耳へ流れちゃいますね。

上司からすれば、聴いてるように見えないし、部下は動かない。

だから、余計に力が入ってしまい、部下は余計に動かなくなるんです。

部下に強く言葉を伝える時は、「内容」

1.内容がポイントになる理由

部下に強く言葉を伝える時は、「内容」

怒ってるように言ってもダメ。重要なのは、内容。

なんでかっていうと、怒ると内容が薄っぺらくなります。

「 何で言った通りに出来ないんだ! 何度も言わせるな! 」

って言っても、どうにもならない。

じゃぁ、どうすればいいか・・・具体的に言う事。

「 何が分からないんだ? 」

と、原因を丁寧に探して、改善の手助けをしましょ。

すると、強く言わなくても問題の解決になります。

2.部下に強く伝える時の具体例

例えば、売上目標を達成したい時に

「 売上目標を達成しよう! 」

って言うだけじゃ、部下は何をどうすりゃいいか分からないかも。

だから・・・

今の売上達成は〇〇円で、目標は〇〇円。

この商品は人気が無いけど、売れたら利益が多い。

だから、この商品を買ってもらう方法を考えよう。

みたいに、具体的にどうしていこうか、道筋を示しましょう。

他に、利益が小さいけど人気がある商品を、もっと売る方法を考える。とかね。

方法は幾らでもありますよ。

数字を知らない部下に、どうにかしろ! では無理がありますよね。

数字を知ってる人が、「 こうしようと思うけど、どう思う? 」

って、具体的に質問を投げかけてみましょ。

意外とお客様に1番近い人だからこそ、どう売れば買ってくれるか。良いアイディアが出てくるかも。

3.部下に質問を投げかけるメリット

部下からアイディアを出してもらう事で、良い事が2つあります。

  • 部下のレベルが上がる
  • 部下のモチベが上がる

考える力って、仕事では必ず必要ですね。

どうやってオススメしたら売れるか、考えさせる事はメチャクチャ良い経験ですよね。

何でもかんでも、言われた事しか出来ない人間では困りますね。

だから、考える機会を与えましょう。

しかも、自分で考えた事を実際やって、成果が得られたら、メチャクチャ嬉しいですよね。

「 この問題、どうにかしろ! 」って言うんじゃダメ。

「 どうしたら良いか、考えよう 」って変えましょう。

考える機会を与える時に、具体的な数字を与えましょうね。

だから、部下に強く言葉を伝えなくても、内容さえキッチリ伝えればOKなんです。

こういった丁寧さが足りてないから、強く言う方法ばかりを取っちゃうんですよ。

部下に毎日強く注意する必要がある場合

部下に毎日強く注意する必要がある場合

逆に、言わない方が良いですね。

特にありがちなのが、タクシーや運送業などの運転を行うビジネス。

「 無事故、無違反でよろしく 」なんて出ていく時に伝えても、聞いてないもんです。

なんでかっていうと、そんな事は当たり前だから。

本人は、「 言われんでも、分かってる 」って思ってますよ。

つまり、聞いてないんです。言っても無駄なの。

今は運転記録が残って、終わった時にチェックするんだから、その時の一言の方が大事。

事務的に処理するだけじゃダメ。

「 今日も安全運転、お疲れ様でした 」

「 今日で〇日連続ですね 」

このような、ありのままを認める言葉が良いんです。

部下に強く、当たり前の事を伝えたい時は

部下に強く、当たり前の事を伝えたい時は

当たり前の事を続けて行っている事を、褒める方が大事。

当たり前だと思って褒めないから、部下のモチベが上がらないんです。

もし、ミスを起こした時は本気で「 反省しよう 」って気になってくれますよ。

運転が必要な会社で、毎朝、注意を促すだけじゃ、「 やっちまった 」ってなる程度。

何が違うかというと、毎日の当たり前を認めてくれていたから。

毎日の当たり前を認めていると、ミスした時に強く言うと響くし、反省の気持ちも出る。

行く時は注意を促されて、終わって帰ってきたら、事務的に処理されるだけ。

たまに、ちょっとミスがあったら言われる。

こんな事されたら、気分悪いでしょ。

だから、強く言葉を伝えなくても良いんです。

当たり前の事だけど、出来た事は褒めましょ。

部下に強く言葉を伝える為には

部下に強く言葉を伝える為には

先ほども触れましたが、毎日の当たり前を褒めましょう。

なんでかっていうと、褒めて(認めて)あげる事で仕事で幸福感を得られるから。

人は、誰かに認められたいっていう欲があります。

欲が満たされると、幸福感を得ますね。

  1. 仕事を認めてあげる
  2. 幸福感を得られる
  3. 仕事を「やらされてる」感が無くなる
  4. 責任感を持ち始める
  5. 強く言わなくても、やるべき事が出来るようになる
  6. 出来たら褒める
  7. 幸福感を得られる
  8. 無限ループ・・・

良いループを作っちゃいましょう。

また、認めてあげる事は一種の褒め言葉なんで、もしミスがあった時に叱ると、ギャップが生まれます。

この認めてあげる事を『 承認 』と言います。

承認については、当ブログで何度も解説していますので、この記事では省きます。

詳しく知りたい方は、【完全版】部下が成長する褒め方のコツを読んでください。

部下に強く言葉を伝える時が来たら

部下に強く言葉を伝える時が来たら

承認を日常的に使っておく事で、もしも叱る時が来たとしても大丈夫。

いつも部下の事を認めている事で、強く言葉を伝えても、受け取ってくれます。

なんでかっていうと、コミュニケーションの土台が出来てるから。

例えば・・・

お前誰やねん? って思う人から、突然叱られても聞かないでしょ。

「 お前は俺の何を知ってるんだ。お前に叱られる筋合いは無い 」って思いますよね。

それは、日常的にコミュニケーションを取ってないから。

毎日のように顔を合わせていても、この土台が完成するかどうかは別。

大事なのは、普段からちゃんと見てる事。

ただじっと見てるだけじゃダメ。

部下が、「 この上司は、俺の事をよく見てくれているな 」って思うようにしましょ。

よく見てくれているな、と感じてくれる為には、承認が1番良いんです。

承認の中でも、行動承認が職場では便利。

基本的に職場では仕事をしているはずなんで、部下は行動していますね。

結果が出なくても、行動するだけで褒めてあげれば良いんです。

だから、簡単ですね。

承認の種類表
表.承認の種類

部下に強く言葉を伝える方法

部下に強く言葉を伝える方法

まず、「強く言わなきゃ」っていう考えを捨てる事。

強く言わなくても、伝わるモノは幾らでもあります。

それは、具体的に伝えるって方法。

具体的に、この仕事のどの部分が分からないのか、聞いてみる。とか

売上目標に〇〇円足りないから、この商品をもっと売ろうと思う。どうやって売ろうか? とかね。

頭ごなしに、ガーガー言ってもダメ。

それは、部下からしたら怒ってるだけにしか見えないから、何の得にもなりません。

質問を投げかける事で、部下には考える力が付きますね。

部下にアイディアを求めた後、実際に行う事で部下のモチベを上げる事も出来ますね。

あと、やる事は

  • 当たり前の事をイチイチ指摘しない
  • 当たり前の事でも、やったら褒める

つまり、承認をする事が大事。

承認する事で、部下に強く言葉を伝えなきゃいけない時に、ちゃんと伝えられるようになります。

何故かというと

  • ギャップが生まれるから
  • 承認しておく事で、叱っても受け取って貰えるようになるから

【完全保存版】部下に指摘する時のポイントという記事を書いてるので、合わせて読んでみて下さい。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。