マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

意外と知らない『親孝行のやり方』 親が本当に喜ぶ事とは

親孝行って、どうやってやったらいいの?

俺は、親孝行なんてしねぇ!

今回は、こんな話題について、記事を書きます。

この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。管理職アドバイザですが、人間関係の悩みが職場での悩み上位に入るので、家庭での人間関係についても触れていきますね。

目次

親孝行は、しなくていい

親孝行は、しなくていい

ぶっちゃけ、世間で言われてる『 親孝行 』なんて、やるだけ無駄。

親は、そんな見返りが欲しくて、子供を産み育ててないから。

  • 誕生日プレゼント
  • 写真を一緒に撮る
  • 感謝の言葉を言う
  • 電話する
  • 旅行

確かに、嬉しいだろうけど、最初っから親孝行を目的にしてませんよ。

だから・・・

「 親孝行って、何したらいいですか? 」

そんな事で悩むな。

じゃぁ、どうしたらいいの?

意外とシンプル。

健康に過ごして、自分のしたいように生きて、幸せになれば良い。

そんなんで良いの?

それで良いです。その理由を、俺なりに説明するね。

普通の親孝行では、大赤字

普通の親孝行では、大赤字

子供に投資した金額に比べて、返って来る分が少なすぎる。はっきりいって、大損。

旧、AIU保険 現、AIG損害保険株式会社の資料です。

f:id:knd37998:20200603090532j:plain

首相官邸資料より 「AIUの現代子育て経済考2005」

当時の物価で約1640万円なんすよ。

仮に、あなたが23になる年から、定年(60才)までに済まそうとしたら・・・

16,400,000(円) ÷ 37(年) = 443,243(円/1年あたり)

つまり、1年で44万円を返さなきゃいけない。

しかも、親も生きてなきゃいけない。

だから、世間一般でいう『 親孝行 』じゃ、マジで赤字なんすよ。(笑)

合理的に考えたら、あり得ない事、やってるんです。

だから親は、投資した分を回収しようなんて、全く思ってませんよ。

ガチで言う親が居たら・・・チョメチョメします。

だから、世間一般的な『 親孝行 』なんて、無理してやんなくて良いんですよ。

私は、「やるな」とは言ってません。「無理をして、やるな」って事。

あなたが、「やりたい」って思ったら、本気でやりましょう。

そしたら、親はメッチャ喜びますから。

その方が、互いにとって、良いでしょ?

親だって、「嫌々される」のは気分良くないですからね。

でも、好きにさせてくれないよ?

それは、一応心配してくれてるんだよ。

何で親が心配して、余計な事を言うのか、それについて解説しますね。

親は、心配性

時代が悪かった

親は、心配性

親が何かしらケチを付けるのは、心配だからなんですよ。

っていうのも、経済状況が悪い時期に社会人になってるんです。

なんで、結構苦労してるんですよ・・・。

同じ苦労を味わってほしくないからこそ、安定志向になっちゃってるんです。

だから・・・

  • 公務員
  • 有名大学からの大企業
  • なるべく低リスクな生き方

を、子供にオススメするんですよ。

それが、「安定」って頭に、しみついちゃってるのね。

100%、幸せになれるとは限らないのに。

どうしてこうなるのか、っていうと・・・

新しいものを受け入れる考え方が、出来なくなってる から。

それについて、もうちょっと解説しますね。

親が心配性になる理由

親が心配性になる理由

30才を超えると、脳が衰え始めるんです。

「適切な判断をする」前頭前野っていう所のピークが、20代後半~30才ごろ。

参考元:脳科学者 中野信子 人は、なぜ他人を許せないのか

前頭前野のピークが30才ごろなんで、鍛えてないと、どうしても「新しいものを受け入れる」って事が難しくなるんです。

人間って、つい楽しちゃうんで、思考まで楽しちゃうんですよね。

だから、親って自分の経験を元にアドバイスをするんです。

本質的には・・・

「 自分の子供だけは、幸せになってほしい 」

って思ってるけど、自分の経験を元にアドバイスしちゃうから、いわゆる「安定」をオススメしてくる事が多いんです。

そこんとこ、聞いてるフリして、自分の幸せを追求しましょ。

本当の親孝行とは

本当の親孝行とは<

あなたが、幸せに生きる事。これだけです。

他にする事は、全く無いです。

親孝行する為に、何もかも我慢して、ストレス溜めて生きてたら、それこそ親不孝者。

あなたの親は、そんな事、求めてません。

  • 「親孝行しなきゃ」
  • 「親孝行するべきだ」

なーんて、思っちゃダメ。

自分で「これ、やりたいな」って思ったら、やりましょ。

やってみて、嫌な思いをしたなら、止めたら良いんですよ。

私は実際ありましたよ。

私の年収の4分の1を、誕生日に合わせて現金で渡しました。

数ヶ月後のセリフがこれ

「家に金入れてないよね」

さすがにこれは許せないんで、二度と入れないと決めました。(笑)

世間が「家に金を入れるのは、当たり前」と言おうが、知った事じゃない。

私の気持ち、分からない人に言われたくありません。

与えたい人に、与えれば良いんです。

たとえ相手が親であっても、与えたくないって思ったんなら、与えなくて良いんです。

結局、あなたが1番幸せな生き方をするのが、親にとって1番の親孝行なんですから。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。