マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下が成長する上司の特徴 優しくても、怖くてもダメな理由とは

  読者

怖い上司の方が部下が成長すると思う俺って、古い?

  龍那

古いというより、考えが甘いですね

今回は、部下が成長する上司としての在り方を解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 褒めても、叱っても部下が成長するようになる
  • 管理職としてのスキルが上がる
  • あなたの自信が上がる

目次

怖い上司が、部下の成長にとってダメな理由

怖い上司が、部下の成長にとってダメな理由

管理職としての役割を果たせないから。

どういう事か・・・恐怖感を与えても、部下の能力は発揮出来ませんね。

「 何で俺の言った通りに出来ないんだよ! 」

って怒鳴っても、意味無いんですよ。

人は、恐怖から逃れようとします。

極論ですが、命を狙われたら逃げますよね。

同じように、恐怖感を与えてくる人からは距離を置きたくなります。

距離が縮まらない状態では、部下のコントロールは難しくなりますね。

管理職の役割は、部下を上手にコントロールする事ですよ。

恐怖感を与えても、部下は成長しない

恐怖感を与えても、部下は成長しない

恐怖を感じさせると、部下は思う通りに仕事が出来なくなるだけ。

恐怖は、なるべく避けたいですよね。

つまり、どういう事が起こるか・・・

  • 部下をキツく怒り、恐怖を与える
  • 部下は、また怒られたくない と感じる
  • 仕事に挑戦する意欲を無くす

だから、部下の成長のためと思い、恐怖感を与えるのはダメなんです。

部下を恐怖で動けなくすると・・・

部下を恐怖で動けなくすると

部下は、仕事をやめます。

なぜなら・・・

  • 恐怖から逃れたい
  • 仕事に自由度が無い

仕事に自由度が無い会社は、社員がどんどん消えていきますよ。

参考:メンタリストDaiGo

仕事に挑戦する意欲も無くしますね。

仕事に対するモチベも上がらなければ、会社を辞める人まで出てくる。

だから、怖い上司を演じてもダメなんですよ。

  読者

じゃぁ何で、優しい上司でもダメなの?

  龍那

これから説明しますね

優しい上司がダメな理由

優しいのがダメな理由とは

優しいだけでは、満たされない事があるから、ダメ。

なんでかっていうと、優しいだけでは、承認欲求を満たせないから。

私が実際言われた、ただ優しいだけのセリフが

「 ゆっくり覚えれば良いから 」

優しい言葉ですね。でも、ただの許可なんですよ。

2ヶ月半も研修やってきて、こんな事言われたって嬉しくないですね。

複雑に考えてしまう人だと、めっちゃネガティブに感じてしまいます。

「 まだ俺は仕事を全然覚えられてないのか 」

と、感じちゃいます。

優しい言葉をかけちゃいけない。という訳じゃないですが・・・

承認という、ありのまま認める言葉が無かったら、ダメなんですよ。

誰だって、認められたい感情があるから。

人間の欲求 ピラミッド図
図.人間の欲求をまとめたピラミッド

生理的欲求には、いわゆる三大欲求が入ります。

また、100%満足しないと、次の段階を求めないという事は無いです。

ある程度満足する事で、次を求めるようになります。

上から2つ目が承認欲求。

誰かから認められたい。っていう感情。

他人から良く評価されたいってのも、一種の承認欲求です。

全然仕事を認めてくれない所で仕事してたら、余計に疲れますよね。

お金を稼ぐ為に仕事をするものですけど、やりがいが感じられないのは、ツラいでしょ。

退職理由の本音
表.退職理由の本音

参考:エン転職

グラフのように、やりがいが感じられなくなると、辞めたくなります。

やりがいって、誰かに仕事を認められる事で感じるんで、かなり重要ですね。

だから、優しいだけじゃダメなんです。

部下が成長する、承認とは

部下が成長する、承認とは

承認は、褒めるでもなく、ただの優しさでも無い。

ありのまま認めるという、人の心理を突いた、悪魔的な言葉です。

上手く使う事で、仕事がメチャクチャ上手くいきます。

もちろん、部下が成長します。

承認が上手くなると・・・

  • 部下が自信を持つようになる
  • 部下を褒めても、叱っても、相手に響く
  • あなた自身の自信が付くようになる

突然レベルの高い承認をすれば、キモがられます。

だけど、デメリットはそのくらいなんで、やらない理由は無いですね。

レベルの高い承認とは、ハードルの低い承認です。

つまり、存在承認。

承認の表
表.承認の種類

表の下の方が、ハードルは低いですがレベルが高いです。

どういうことかっていうと・・・

存在は、常に起こってる事だから、褒めるハードルは低いですよね。

言葉にすると、「 一緒に居てくれるだけで、幸せ 」

こんな事、奥さんに突然言ったら、怪しまれますよね。(笑)

突然言うからダメなんです。

でも、レベルは高いんです。当たり前すぎて、言う人が少ないから。

なんで、まずは、行動承認でOK。

仕事してるって事は、行動はしてるんで、伝える機会はいくらでもありますね。

だから、内容や結果なんて関係なく、仕事をしてくれた事を認めましょ。

すると、部下は成長します。

部下が成長する、上司の特徴とは

部下が成長する上司

優しくてもダメ。怖くてもダメです。

部下の承認欲求を、満たしてあげる事。

承認欲求を満たしてあげれば・・・

  • 仕事のつまらなさが減る
  • モチベーションが維持出来る

怖い上司では、部下の成長は望めません。

優しいだけでは足りない場合もあるし、言うべき時は言わないとダメ。

日頃、承認を積み重ねておくと、褒めても叱っても、相手は受け取ってくれます。

なんでかっていうと、日頃から見ているから。

毎日、ちゃんと気に掛けてくれる人から褒められたら嬉しいでしょ。

承認には5つのレベルがありましたね。

最初から、難しい事をしなくて良いです。

行動承認でOK。結果や内容がどうであれ、仕事をした事を認めてあげましょ。

「 これくらい、当たり前 」なんて思わず、丁寧にね。

そしたら部下は成長します。

承認については、【完全版】部下が成長する褒め方のコツ 管理職必見で詳しく解説しています。

部下の成長や、あなたの自信に繋がるのは、自己効力感によるものです。

自己効力感については、【簡単】自己効力感を上げる方法【自信が付く考え方】で解説しています。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。