マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【 入門 】褒め方のコツ たった1つで良い、意識するポイント

「 褒めて伸ばす 」は間違っています。

 何故なら、「 褒める 」は特別なシチュエーションだから、褒めて当たり前なんです。

 

 本記事では、人を褒める極意の入門編をお届けします。

 

 

目次

1.褒め方のコツは、ハードルの高さ

f:id:knd37998:20200320121355j:plain

 褒めるハードルを低くしましょう。

ハードルを低くするって、どういう意味?

 極端に言えば、

「今日も、時間までに仕事に来てエライね」ってレベルまで下げましょう。

そこまで下げるの?

 下げましょ。どうせ、誰にも迷惑かからないんだから。

 

 褒められる回数が多ければ多い程、言われた人は自信を持ちます。

 特に日本人は、褒められ慣れてないですね。

 自分を褒める事もやりませんし、つい「大した事ない」って言っちゃいますよね。

 

 だから他の人が、どんどん褒めてあげましょ。

じゃぁ、どういう事を褒めたら良いの?

 それについては、次で解説しますね。

 

相手を褒める所

褒める所

 5つあります。

f:id:knd37998:20200320112631j:plain

 下に行けば行くほど、ハードルが低いです。

 特に、存在は常に起こっている事なので、すぐ褒められますよね。

 じゃぁ、具体例をいいますね。

 

【 具体例 】

「〇〇と会えて嬉しいよ」

「今日も来てくれてありがとう」

「〇〇(子供や相方の名前)大好きだよ」

 こういう事を、いつも言えてる人なんて、ほとんど居ませんね。

 だから、ハードルを下げるだけで、他の人より圧倒的にコミュニケーションが上手くなるんです。

 

2.褒めても、最初は受け取ってくれない

f:id:knd37998:20200320152256j:plain

 今までに言ってないと、最初は素直に受け取ってくれません。

 何でかっていうと、受け取る側が慣れてないから。

 旦那が急に『 結婚してくれて、ありがとう 』って言ったら、
 奥さんは「 こいつ、何かやらかしたな? 」って思いますよね。(笑)

 ずっと言わなかった間の時間は、すぐチャラに出来ません。

 受け取ってもらえなかったからって、諦めちゃうと、より不信感を持たれるだけですよ。

 だから、頑張って言い続けましょう。

 でも最初は、ほんのちょっとした事で良いですよ。

「髪切ったの?」「それ、似合うじゃん」「ありがとう」

 って、最初は軽い感じで。

 少しずつ、「俺、本当に〇〇と結婚して、良かったって思ってるよ」って言うくらいの重さに変えていきましょ。

 

 次回は、実践編をお送りします。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。