マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

ミスが許されない仕事で、成長する方法【新人向け】

  読者

失敗が許されない仕事なんです
憧れて入ったけど、怖くなってしまった

  龍那

大丈夫。先輩も同じ人間
それに、「怖い」と思う位が丁度良い

今回は、ミスが許されない仕事に就いたけど、怖くて仕事に向き合えない人に向けてアドバイスします。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 恐怖を武器に出来る
  • 早く成長出来る

日本ならではの、血液型と性格のイメージを覆した、私の仕事の仕方を教えます。

私は間違いなくB型です。しかし、職場で出会う人からはA型か、と言われます。

目次

ミスが許されないなら、ミスを防いで乗り越えよ

ミスが許されないなら、ミスを防いで乗り越えよ

ミスは起こってしまうモノ。諦めましょ。

なんでかっていうと、人間だから。

ミスをしない人間なんて居ないんです。

ミスしないように・・・って思うと、どうなるか。

  • 無駄に緊張をする
  • 仕事が出来なくなる
  • 精神を壊してしまう

だから1度、ミスするのは当然だ。と思ってしまいましょう。

大事なのは、この次。

自分は人間だから、ミスしてしまう可能性がある。

だから、絶対に確認しよう。って自分ルールを作るんです。

私は調理師です。

異物混入なんて、よく起こるミスですが、私は8年7ヶ月の間、1度しかしてません。

なぜ1度しか無いか。

それは、たった1回のミス以降、確認をしまくったからです。

少しでも疑いがあったら手を止めて、目で見て、触って確認してました。

だから、1度で済んでるんです。

ミスをする事に、怖がるのは違う。

ミスは起こるモノだと思って、確認を徹底して、ミスを防ぎましょう。

ミスを防ぐ、自分ルールの作り方

ミスを防ぐ、自分ルールの作り方

仕事によりますが、私自身で作ったルールを教えますね。

ルールは、3つあります。

  • 作業中は常に確認をする
  • 普段と少しでも違うと感じたら、進まない。確認
  • ほんの少しでもミスの可能性があると感じたら、確認する

これでミスを防いでました。

スピードも大事ですが、ミスしない事の方が大事。

確認に、「やりすぎ」は無いので、確実にミスを潰しましょう。

  読者

そんなに確認して、疲れないの?

  龍那

考え方の違いですかね

それでは、自分に疑いをかけて、疲れない方法について、解説します。

自分の仕事を疑っても、モチベを維持できる考え方

自分の仕事を疑っても、モチベを維持できる考え方

意外と簡単。確認して、ミスが無い事を自分で褒めてしまう。

仕事上、ミスが無い事を「 当たり前だ 」と思ってしまうから、ダメ。

ミスが無い事は、当たり前じゃない。

だって、私たちは人間だから、ミスしてしまうのは普通。

だけど、ミスが無い。って事は、凄い事なんですよ。

ミスを事前に防ぐ自分を、褒め褒めしちゃいましょ。

最初は慣れないかも。

でも、自分を褒める事は自信に繋がります。

なぜそうなるか、以下の記事で説明してますので、興味があったら読んでみて下さい。

【簡単】自己効力感を上げる方法【自信が付く考え方】

それでは、まとめに入りましょう。

ミスが許されない仕事で、成長する方法

ミスが許されない仕事で、成長する方法

ミスして当たり前なんだ、って思って、防ぐ事に集中しましょう。

私たちは人間です。

人間だから、ミスするのは普通なんですよ。

ポイントは3つ。

  • 時間より、確認の徹底
  • 普段から確認をするクセを付けておく
  • ちょっとでも違う と感じたら、立ち止まる事

こういった、ミスを防ぐ、自分ルールを作ると良いですよ。

あとは、ミスを防いで当たり前。とは思わずに、ミスが無かった自分を褒めましょう。

つい、「 当たり前 」って思うと、義務みたいになって、疲れるだけです。

人間なのにミスが無い。って事が凄い事だと考えましょ。

分からない事や、ちょっとでも疑問を持ったら、すぐ先輩に聞きましょう。

先輩に質問する事は、全然迷惑じゃないですよ。

むしろ、質問せずにミスされる方が面倒臭い。マジでイライラされます。(笑)

先輩も同じ道を通って成長してます。

よっぽど頭おかしい人じゃなければ、ちゃんと答えてくれるんで、声かけましょ。

以下の動画、4分半で終わるんで、ぜひ観て下さい。

新人がまず、するべき事について、本質を突いた動画になってます。

あとは行動です。

やってみましょう。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。