マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【成功したい人向け】上手くいかない、疲れた…とならない方法

なんか上手くいかない・・・不安になってきた

 そうならない方法を今回、ご紹介します。

 

【 この記事を読むべき人 】

  • 何故か上手くいかない方
  • 急に上手くいかなくなった方
  • 勉強しているのに上手くいかない方

 

 

目次

1.上手くいかないのは、やり方を間違えている

1-1.自己流でやるから、上手くいかない

 自己流は、ほぼ失敗します。

 自己流でやるのは、地図を持たずに初めての場所へ行く事と同じ。

 勘の良い人は、辿り着く事は出来るでしょうが、回り道をする可能性もあります。

 既に地図(成功例)があるのですから、素直にパクれば良いんです。

 

【 特に注意するべき人 】

  • 頑固
  • 気が短い
  • プライドが高い

 素直に学んだ事を、そのままやりましょう。

 学べば、以下の事が分かります。

 

【 師匠から学べる事 】

  • やり方
  • 失敗した事
  • 最初にする事
  • お金の投資先
  • 使う道具(ソフトウェアなど)

 上手くいかない人は、学ぶべき人を間違えていたり、素直にパクってません。

 

 すぐに上手くいく人は、素直にパクっています。

 

1-2.知識オタクになるな

メモ魔

 学んだら実行する事。でないと、お金と時間の無駄です。

 日本人は勉強をするのが好きですが、その先までする人が少ない。

 だから、頭に残らないんですよ。

 覚えた事は、すぐ外に向けて発信したり、実行する事で記憶として残ります。

 2008年2月15日発行のサイエンス誌で、「 入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい 」アメリカのカーピック博士が報告してます。

 なんで、覚えたら出す。を繰り返しましょ。

 

 学びの量を増やす事は悪くありません。むしろ良い事です。

 量を増やす事で、様々な人の成功例に触れると、必ず共通しているモノが見えてきます。

 それが、黄金法則です。

 

1-3.上手くいく行動量と思考法

作業

 上手くいかない人は、行動量が足りてません。

 もしくは、思考量が足りていません。

 

【 行動すると・・・ 】

  • チャンスをつかみやすい
  • 失敗の経験数が増える(実験の結果が得られる)

 上手くいかない人は、失敗で嫌になって諦める事が多いです。

 そこで諦めずに行動し続けなければ、成功はつかみ取れません。


【 上手くいく考え方 】

  1. 師匠の行動に疑問を持つ事(何故、そうするのか)
  2. 繰り返す事で、師匠の行動理由を体感できる
  3. 時には直接聞く
  4. 慣れたら「師匠ならどうするか」と想像し、実行する

 

2.上手くいかない時は順番を間違えている

2-1.成功への近道は、身近な所から

自己肯定感

 特に男性にありがちなのは、「社会や会社を良くしたい」と思う事です。

 それこそが、間違いです。

 何故なら、自分自身が上手くいってなかったり、変わってないからです。

 

思考が変われば、言葉が変わる

言葉が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、性格が変わる

性格が変われば、運命が変わる

 このように自分の思考・言葉・行動が変わらないと、他者に影響を与えられません。

 これは、モノが地面に落ちるように、絶対に変わらない原則です。

 だから、まずは自分の状態を整えましょう。

 

2-2.思考の順番を間違えている

迷ってる人

 先に自分の「気持ち」を決めてしまいましょう。

どういう事?

 ほとんどの人は、周りの人の言動によって心の状態が変わります。

  • 悪口を言われたから、ムカつく
  • 相手が言う通りにしないから、イライラする
  • 上手くいかないから、落ち込む

 それは、現実に起こっている事で、感情が左右されています。

 このように感情が現実に支配されていると、上手くいきません。

 つまり・・・

「楽しい」「やりたい」「面白い」と先に決めてしまうんですよ。

それで上手くいくのかよ?

 胡散臭く思うでしょうが、脳は結構勘違いします。

 錯覚や先入観が良い例えですね。

  • 面白いと思えば、面白い理由を探します
  • やりたいと思って行動すれば、集中し始めます
  • 楽しいと思って笑うと、脳が幸せホルモンを出します

 引き寄せの法則は、脳科学で説明出来ます。

 だから、「最近どう?」と聞かれたら、とりあえず「絶好調」と言いましょう。

 その絶好調は、自分でしか分かりません。他人から見ても分かりません。

 だから、外に出す言葉を変えてみましょう。

 

 でも、無理に変える必要は無いです。

 自分の気持ちに素直になれるよう、自分を許す事もやって下さい。

 上手くいかない人は、自己効力感が低い傾向もあります。

 自己効力感を高める方法は、成果をあげる方法【 簡単 】3つの実践ポイントにまとめてるので、興味ある方は読んでみて下さい。

 

2-3.完璧を求めない

心の余裕

 最初から何もかも上手くいかないです。

 完璧なものを目指すのは良い事ですが、完璧じゃないからといって途中でやめるのは、やめましょ。

 製品を作って売るにしても、まずは商品を作ってみてください。

 

【 まず行動してみて得られる事 】

  • 想像を物質化した経験
  • 世の中に出したという経験
  • 他者からの評価(良し悪し)が得られる

 ブログやnoteは、後から修正・加筆が出来ます。

 だから、まずは出しましょう。

 

3.上手くいかない心理的ブロック

3-1.金銭的心理ブロック

お金

 これ以上稼いでも大丈夫かな・・・など考えると、急に稼げなくなります。

 深層心理でブロックが働き、急にかみ合わなくなります。

 

【 いっぱい稼ぎたい場合 】

  • 使う道具に投資する
  • 収入変化に恐怖を感じない事
  • 生活水準を上げず、残りは自己投資に使いまくる

 お金をどんどん稼ぎ、どんどん使って下さい。

 すると、徐々にお金のメンタルブロックが外れていきます。

さっきは師匠の言う通りにって言ってたじゃないか

 それは成功する前の話で、これは自分で稼ぐ力が身に付いた後の話です。

 

 あなたの目標が、提供するサービスで、誰かを幸せにしたいなら

 自分の会社を作りましょう。

 

 仕事をしなくても、お金が入る状態にしたいなら

 株や不動産を買うなどの投資に、お金を使いましょう。

 

 お金の使い道に正解はありません。

 それぞれの考え方で決めましょう。

 

2-2.精神的心理ブロック

メンタル

「怖い」「出来ないかも」と思うと、上手くいかないです。

 精神的な心理ブロックは、行動する意欲を失います。

「怖い」も「出来ないかも」も、そう思うと、その理由を探し始めてしまいます。

 だから、極力減らしましょう。

そんな事言ったって、簡単には出来ないよ

 ならば、自己効力感を上げましょう。

またそれかぃ

 はい。また自己効力感です。ですが、成功するには、自己効力感がとても大事ですよ。

 自己効力感の上げ方は、成果をあげる方法【 簡単 】3つの実践ポイントで解説してます。成功したい人は、読んでおきましょ。

 

成功するためには

 不安は、どうしても起こってしまうものです。

 しかし、不安は「変化しよう」と思っているから、発生するものです。

 しかも、未来の自分に期待すればする程、不安は大きくなります。

 つまり、不安は自分への期待です。

 

 不安が無くなってから動こうと思う人が居ます。

 例えると、目標までの信号全てが青にならないと、前へ踏み出さない人です。

 しかし、全ての信号が青になる事なんて、あり得ません。

 仮に全ての信号が青になった瞬間に1歩踏み出したとしても・・・

 目の前の信号は全て青から赤に変わっています。

 

 立ち止まっていた時間が、とても無駄です。命の時間は有限ですよ。

 だから、1番手前の信号だけを見て、青になったら進む。また1番手前の信号だけを見て、青になったら進む。

 1つずつ進んでいく事で、着実に前に進みましょう。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。