マネジュク【部下の育て方が分かるブログ】

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

成果が出るようになる、意外と簡単な方法

  読者

成果を上げたいんだけど
どうすればいいの?

  龍那

成果を出すには自信が必要ですね

本記事の内容

  • 成果が出る人の特徴
  • 成果を出す為の自信の付け方

目次

成果が出る人の特徴

成果が出る人の特徴

成果が出る人の特徴は、3つあります。

  • 常に挑戦している
  • 周りに流れさない
  • 自分の武器で戦おうとする

成果なんてものは、すぐに出ません。

ノーベル賞の授賞者だって、コツコツ努力していたんです。

周りに何と言われようが、自分の得意分野で、常に挑戦し続けて、成果が出たんです。

この世に、天才なんてほとんど居ないんですよ。なのに成果が出る人と、出ない人が居る。

それは、日常から違うんです。でも、超人的な事をやってる訳じゃないんですよ。

だから、あなたにも出来ます。

成果が出る人は、常に挑戦している

成果が出る人は、常に挑戦している

挑戦によって、様々な事を学べます。

当たり前ですが道具だって使ってみないと、どんな性能か分かりませんね。

成果が出る人は『 出来るか、出来ないか 』は置いといてとりあえず、行動します。

行動すると・・・

  • チャンスを掴む事もある
  • 合わないと分かれば、すぐに捨てられる
  • 合わない理由が分かる
  • 失敗した理由が分かる
  • 経験になる

合わない理由が分かれば、今後の選択を間違えづらくなりますね。

失敗の実験を繰り返す事で、失敗もしづらくなります。

経験が増えれば増える程、あらゆる視点から物事を見る事が出来て、どこかで繋がる事もあります。

だから、とにかく挑戦。行動しましょう。

成果が出る人は、周りに流されない

成果が出る人は、周りに流されない

成果が出る人は、周りの意見なんて聞きません。

  • どうせ失敗する
  • やめとけ
  • お前には無理

成果を出す人は、こんな意見なんか無視します。

自信を持ってて声が聞こえない人も居れば、否定されるほど燃える人も居ます。

実は面白い事に否定する人はマトモに行動した事がないのに、余計な事を言います。

心配で言ってくれてるんだと思いますが、余計なお世話なんですよ。

  • 自信が無いし、不安だから相談してみよう
  • 友達に相談したら、心配された
  • うん。やっぱり、止めておこう

この過程が無駄。

不安なのは分かるんですが、案外やってみると大した事ねーじゃん。って思う事はよくある事です。

だから特に身近な人の話を聞いたらダメです。

成果が出る人は、自分の武器で戦う

成果が出る人は、自分の武器で戦う

成果が出る人は自分の強みを理解して、自分の武器を使います。

誰にでも欠点があれば、平均よりも飛び抜けてるモノってありますよ。

成果が出る人は、自分の弱点で、勝負しません。

あの、田中みな実さんは『 歌がヘタクソ 』です。exciteニュース

だから、田中みな実さんは「 絶対に歌わない 」と言ってます。

多分ですが、歌なら私の方がまだマシです。(笑)

田中みな実さんの武器は整った顔立ちや、肌質ですよね。

私とは性別が違うので比較出来ませんが、顔や肌質では100%必ず負けます。

だから、自分の欠点を見るのも大事だけど、自分の武器で戦う方が先です。

欠点を修正するのは、後で良いんですよ。

成果が出る人は、自信を持っている

成果が出る人は、自信を持っている

自信を持つ事で、成果が出ます。

  • 常に挑戦している
  • 周りに流れさない
  • 自分の武器で戦おうとする

この3つに共通する事は、自分に自信が無いと出来ない事ですからね。

そこで簡単に自信を身に付ける方法を、アドバイスします。

全然難しくないし、お金もかからない方法です。

成果が出る自信の付け方

成果が出る自信の付け方

自信を身に付けるには、自己効力感を上げる事が重要。

自己効力感とは

社会的認知理論の中で使用される心理学用語の1つで、困難にぶつかっても挑戦したり、早く立ち直る事が出来る力。

では自己効力感を上げる、簡単な方法をアドバイスします。

  • 自分を褒める
  • 他人を褒める
  • 他人から褒められる

たった3つで自己効力感が上がります。

さて、自分で褒めたり人から褒められる事で、自己効力感が上がる仕組みを解説します。

自己効力感が上がる、理由とは

自己効力感が上がる、理由とは

承認欲求が貯まるから。

人には誰かに認められたい欲求を持っています。

欲求ピラミッド図
人間の欲求をまとめた図

アメリカの心理学者マズローが提唱した、人間の欲求をまとめた図です。

承認欲求とは

他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたいという欲求

Wikipediaより

  • 自分を褒める
  • 他人を褒める
  • 他人から褒められる

この3つで認められたいっていう欲求が満たされますよね。

だんだんと満たされると、どう変化するか・・・

  • 自分は、価値ある存在だと認知し始める
  • 自分の価値を、どう使うか考え始める
  • 自分の生き方を自分で決めて、行動し始める

これが自己実現の欲求です。

こうなれば、成果は後で幾らでもついてきます。

だから自分を褒める事で、成果が出るようになるんです。

自分を褒める時のポイント

>自分を褒める時のポイント

褒めるハードルを低くする事。

ようは結果が出なくても、自分が行動した事そのものを褒めるんです。

例えば

  • 仕事に行った事
  • いい声で挨拶した事
  • ダルくても、仕事をした事

このレベルで良いんで、自分を褒めましょう。

  読者

そんなん、当たり前でしょ

  龍那

確かに当たり前ですが、何か?(笑)

当たり前に出来るものだ。と思ってしまうのは、仕方が無いです。

でも出来ない人だって、たまに居るんです。

それに、実際に独り言のように言わなくても良いんですよ。

誰の迷惑にもならないですよね。

最初は違和感がありますよ。でも、悪い事をしてる訳じゃないです。

甘やかしてる訳でもないです。事実アナタが行動した事をアナタ自身が「お、出来てるやないか」って自分で承認してるだけです。

でも、たったこれだけで自信が増したら儲けもんだと思いませんか?成果を出したいなら、ダマされたと思って、やってみましょう。

他人を褒める事で、起こる効果

他人を褒める事で、起こる効果

2つあります。

  • 心に余裕が出来る
  • 自分を褒める理由が出来る

あなたの頭の中には、1つの印象があります。

それは『 他人を褒められる人は、心に余裕がある人だ 』と。

人の事を悪く言ったり、うらやましがって落とし穴に落としてやろうと思うような人は、他人を褒めないでしょ。

このように『 他人を褒める人 』の印象って、あなたの頭の中に既にあるんですよ。

だから意識してでも他人を褒める事で、あなたの頭にある印象のような人間性になっていくんです。

これは、一貫性を保とうとする心理が働くから。

一貫性がある事は、社会的に価値がある事だ。と、頭で認識してるから、そうなるんです。

例えば『 自分に甘くて、他人に厳しい人は、クソ 』だと思うでしょ。

だから、一貫性がある事は大切な事だって自動的に考えてしまうんです。

つまり他人を褒める事で、心に余裕が出来てしまうんです。

心に余裕が出来ると

  • 人間関係が良くなる
  • 成果に繋がる事にも、時間をかけられるようになる

あとは自分で自分を褒める理由が出来るから、良いですね。

ちなみに成果が出る人は、マジで人間関係を大切にしています。

  • 仕事を頼む時
  • 仕事の依頼を受ける時
  • 仕事をする時

こんな時、人間関係を無視して雑にする人って、関りたくもないですよね。

だから、成果を出したい人は、他人を褒めましょう。

他者との関係も良くなるし、自分を褒める理由が出来るんで、一石二鳥ですね。

成果が出るようになる、意外と簡単な方法

成果が出るようになる、意外と簡単な方法

結論、自信を付ける事。

自信を付けるには

  • 自分を褒める
  • 他人を褒める
  • 他人から褒められる

この3つをやりましょう。

すると、あなたの自己効力感がアップします。

自己効力感とは

社会的認知理論の中で使用される心理学用語の1つで、困難にぶつかっても、挑戦したり、早く立ち直る事が出来る力。

つまり、成果が出せるようになる力がアップするんです。

もっと詳しい事は、別の記事にまとめてます。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。