マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

パートのやる気を引き出す方法

  読者

パートさんのやる気って、どう上げれば良い?

  龍那

社員とは違いますからね
でも、やる事は一緒

今回は、パートのやる気を引き出す方法について解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • パートさんのモチベが上がる
  • パートさんからの信頼を得られる
  • 利益が増える

相手がパート(時間給制)だからってバカにしちゃダメですよ。

最前線で働いてくれてる人の重要さ、視点に気付きましょ。

目次

「 パートだから 」という考えを捨てる

1.期待を失ったらダメ

「 パートだから 」という考えを捨てる

相手はパートだから・・・って思うからダメ。

よくないループが起こる。

  1. パートだから期待出来ない
  2. 社員のモチベが上がらない
  3. パートのレベルが上がらない
  4. 「 やっぱりダメ 」って思う
  5. 無限ループ

相手に期待しないと、教える側は無意識的に本気度が下がります。

この心理効果を、ゴーレム効果と言います。

生徒集団、AとBの学力に差は無い。

Aは教師に出来る集団。Bは出来ない集団だ、と教えて授業してもらった。

すると、Aの方が学力の伸びが大きかった。Bは伸びが悪かった。

学力アップした方が、ピグマリオン効果。期待による心理効果。

伸びが悪かった方が、ゴーレム効果です。

2.態度や言葉として表してはいけない

「 パートは良いですね。時間来たら帰れるから 」とか、バカにするような言い方もダメ。

相手は人間です。信頼関係を自分で壊すだけ。

遠まわしでも「 パートはダメ 」みたいな言い方、やめましょ。

ラベリング効果が働きます。

「 いつも綺麗に使ってくれてありがとうございます 」

トイレの貼り紙に、こういう文章ありますね。

これがラベリング効果。

貼られたラベルに沿って行動してしまうんです。

良いようにも使えるし、悪いようにも使えますよ。

つまり、本人が思ってもない事でも、言い続けたらそうなるんです。

例えば・・・

本人は「 全然大した事が無い 」と思っていても、ただの完璧主義なら?

周りの人が、「 そんなにも出来るなんて、凄い 」って言い続けたら気付きます。

最初は「 そんな事無い 」って言うけど、言い続けたらいつか気付きます。

3.パートの本音

給料分、働いたら十分。

って考えてる人、どれだけ居るでしょう。

パートさんって言ったら、大体は女性ですね。

女性は、そこまで淡々とした考え方を持つって傾向は少ない方です。

つまり、感情で仕事をしてくれているって事。

ただ、仕事においては理屈っぽい考え方になる人も居ます。

だから「 パートは給料分だけ働いてくれる駒 」って考えちゃダメ。

社員はパートを上手く使わなきゃ。

どういう言葉を掛ける事で、パートのモチベが上がるか・・・

逆算して、言葉を選びましょ。

パートが居るのは、当たり前じゃない

パートが居るのは、当たり前じゃない

条件が変わったり、不満が爆発したら、居なくなります。

また雇えばいい・・・と思うでしょうが、手間かかります。

ぶっちゃけ、辞めようと思ったら社員ですら翌日から来なくなります。

社内ルールなんてのは意味無くて、法的には2週間。

2週間、仕事を休むって事にすれば、もう行かなくて良いんですよ。

だから、社員もそうだけど、パートもいつ居なくなるか分かりません。

居る事が当たり前って思わない 方が良いですよ。

じゃないと、すぐ感謝の気持ちは消えます。

もう1度言いますが、相手は人間です。

機械じゃない。

「 当たり前 」をなるべく減らしましょう。

パートのモチベを上げる方法

1.評価ルールを見直す

パートのモチベを上げる方法

時期が来たら昇給。じゃなくて、頑張ってる人はすぐ上がるように。

職種によっては、歩合が良い。

100個作る人と、150個作る人が同じ時間給で良いわけ、無いでしょ。

誰だって納得しませんよ。

出来る人は手を抜くし、出来ない人は技術を高めようとしないですね。

2.現場の意見を取り入れる

パートさんは、最前線で働いています。

社員が見えてない所まで見えてる事がありますよ。

意見を取り入れないのは控えめに言って最悪。

特にスーパーなんて業種は、現場が1番分かってます。

「 本部は何考えてるの? 」

ってボヤいていたパートさん、よく見ましたよ。

私、イズミヤに勤めてた事があるので、マジです。

店によって客層が全然違います。

つまり、売れる商品の傾向が違う。

しかも・・・パートさんは消費者でもある。

消費者の目線でも考えられるんで、現場の意見は取り入れた方が絶対良いです。

実際に売ってみないと分からない事はあります。

だけど、パートさんが「 これは売れないね 」って思っちゃうと、本当に売れなくなるんです。

さっきのゴーレム効果と同じ。

じゃぁ、どうするか・・・

パートさんも商品の開発に関わってもらう。

イチからでなくても良い。

  • 試食してもらう
  • 内容と値段の釣り合いを見てもらう
  • 実際に作ってみて、効率性や問題は無いか

この辺、パートさんの力を借りた方が良いですね。

誰が実際に作って、販売するんですか。

人によりますが、仕事終わりに自分の店で買い物をします。

消費者でもあるんです。

貴重な意見でしょ。取り入れない理由が無い。

3.パートからの提案を受け入れる

やる気を引き出したいなら、提案を受け入れて実際やってみるのは最強。

『 パートは言われた通りに働いてりゃ良いんだよ 』

なんて言われたらムカつくでしょ。

せっかく良い事を思い付いたのに・・・

ぶっちゃけ、細かく見れない社員より分かってますよ。

特に女性は鋭いです。

相手の気持ちを理解する能力が、男より高いです。

どんどん意見を言ってもらい、実行する職場にしましょ。

すると、パートさんのモチベは高くなります。

パートのモチベを上げる環境づくり

パートのモチベを上げる環境づくり

もちろん、場作りだけじゃダメ。権限の移動や報酬ルールを変える事。

パートは時間を売って労働してくれてます。

こんだけの事を求めるなら、給料上げて欲しい。って思うのは当然。

だから、貢献してくれた分、還元するのは当たり前。

店のレイアウトや、商品の種類、仕入れる日配品(メーカー商品)。

こういうの、店である程度決められるようにしましょ。

  • 本部に話を通す必要が無い
  • パートの意見をすぐ反映出来る
  • 店舗同士の競争が起こり、様々な工夫が出る

売店(スーパー)は規模によりますが、半径2kmくらい。広くても5kmです。

買いに来る人は、同じ人です。

毎日買いに来る人居ますよ。顔見知りになるくらいです。

イオン、ヨーカドーくらいのデカさは別。

関西でいうとイズミヤ、万代、ライフ、ダイエー玉出といった規模であれば、地域密着で商売をする方が強いと考えてます。

大学が近くにあるから、ボリュームのあるお弁当や総菜を置く。

高齢者がよく買い物に来てくれるから、少な目の総菜を多めに並べる。

こういった、臨機応変な対応が出来るようにしておきましょう。

本部が全部決めるんじゃなくて、店舗レベルで決められる事を増やす。

その方が、店舗に居る社員のモチベも上がりますね。

自分で決めて商売出来るんですから、より仕事が楽しくなりますよ。

近い別の会社と競うんじゃなくて、同じ会社の店同士で数字を競わせましょ。

結局、競わせるのが1番良いんですよ。

特に店舗ビジネスってのは。

全体の底上げになるんで、やらないと損しますよ。

パートのやる気を引き出す方法

パートのやる気を引き出す方法

店の売上を伸ばす方法を考えてもらう事。

仕事って結局、誰かに喜んでもらう事が1番嬉しい事でしょ。

誰かに喜んでもらうって事 = 売上が上がる

直結してるんです。

パートさんは、ビジネスにおいて最前線で働いてくれてます。

職種によりますが、お客様の声を最も聴いている人です。

パートさんの声を聞き取らないと、もったいないですよ。

新商品の開発や、売上アップの提案といった事に参加してもらいましょう。

最初から全部やれって事は無いです。

  • こうした方が良くないか
  • ちょっとこの値段じゃ買えない

こういう意見も出してもらいましょう。

もちろん意見や提案を聞くだけじゃなくて、ちゃんと反映させる事。

そうすると、パートだろうが何だろうが、モチベは上がります。

だけど、仕事はボランティアじゃない。

  • 成果が出たら還元する
  • 提案してくれた事をちゃんと評価する

忘れないようにしましょう。

本部から店に権限を移したり、給料の社内ルールを変える必要があります。

ちょっとずつ、コツコツとやってみましょう。

パートは、会社の利益を生み出してくれる大切な仲間ですよ。

雑に扱ったらダメ。

やる気を引き出したいなら、社員としてどう行動すればいいか。

どんな言葉を掛ければ、気持ち良く働いてくれるか・・・考えて仕事しましょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。