マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

パワハラを止めさせる、合法的な方法

  読者

パワハラを止めさせたい
しかも、隣の部署なんだけど

  龍那

やる事は、隣だろうが、一緒です

今回は、他部署の上司であっても、パワハラを止めさせる事が出来る、合法的な方法について解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 上司のパワハラを止められる
  • 会社を守る事が出来る
  • 転職する手間がなくなる

転職する、カネと手間の事を考えたら、対処する方が楽ですよ。

目次

パワハラを止めさせる方法は、証拠集め

パワハラを止めさせる方法は、証拠集め

パワハラの証拠を集めて、会社に問題じゃないかと、言う。

言って、直るもんじゃないですからね。

具体的にすることは、最低でも録音。出来れば、撮影。

これらは、違法行為にはなりません。

公開しなけりゃ、何の法律にも触れません。

証拠としても認められます。

参考:岩熊法律事務所

出来るだけ量を集めましょう。

あとは、会社がどう判断をしてくれるか。

会社に伝える時も、一応記録を取っておきましょう。

会社が何もしなかった。という証拠もあると後で使えます。

後は、弁護士を使い、和解をするか、民事でやり合うか。

あなたの自由です。

「 弁護士 」って言葉を出すだけでも、態度が変わるかもしれませんよ。(笑)

  読者

そこまでやらなくても、いいんじゃない?

  龍那

じゃぁ、見てみぬフリしますか?

それでは、パワハラによって起こる問題を挙げましょう。

パワハラを放置すると、会社が倒れるのは何故か

パワハラを放置すると、会社が倒れるのは何故か

人材が離れ、寄り付かなくなるから。

能力があるような人は、ダメだと思うと、すぐ別の会社に行きます。

耐えられない人は、辞めますしね。

そして、口コミサイトとかに書かれるんです。

この会社は、パワハラを容認してる会社だ。と・・・。

人が出ていって、入らなければ、会社は崩壊します。

管理職は、より焦って、パワハラがヒドくなるでしょう。

そして、お金が回らなくなって、終了。

あなたは、倒れかけの会社から、いつ逃げますか?

転職するのだって簡単じゃないですよ。

お金も掛かれば、時間もかかる。

日本じゃ、基本的に、転職するたびに給料が下がります。

家庭があったら、家族を支えるのに苦労しますよ。

さらに節約。奥さんはパートに。子供にかける時間が、無くなる。

独り身でも同じ。今後の為の貯金が、目減りします。

良い事が全然ないんですよ。

だから、パワハラを止めさせる方が、得。

パワハラを止めさせる、会社への説得の仕方

パワハラを止めさせる、会社への説得の仕方

会社には、パワハラを止めさせる事で、得られるメリットは何か、言いましょう。

なんでかっていうと、損も大事だけど、メリットがある方が、動きやすいから。

具体的に言えば・・・

  • 社員の能力が発揮出来る
  • 社員のストレスが減り、離職率が下がる
  • パワハラが続けば、人が辞めるかもしれない
  • 今や全員監視社会。パワハラ容認会社だと拡散されてしまう

こんな感じ。

続けると、こんな損があって、止めさせたら、こんな得がある。

って説得したら、会社は動く理由を、深く考えなくなります。

さて、今回のまとめです。

パワハラを止めさせる、合法的な方法

パワハラを止めさせる、合法的な方法

イジメて追い出すのは・・・ダメですよ。(笑)

パワハラ証拠を、出来るだけ多く集めて、会社に見せる。

会社に見せて、対応を見る時も、録音もしくは録画必須。

こっそりでも大丈夫です。

データをネットとかに公開しなければ、問題無し。

一緒に、パワハラを続けて起こるデメリットと、パワハラを止めさせて得られるメリットを、会社に伝えましょう。

あなたに出来る事は、ここまで。

他部署なら、パワハラ上司の部下に教えたり、協力したり・・・。

それでも動かない時は、法律の専門家の出番です。

「 弁護士 」って単語だけでも、相手はビビります。

やるなら、とりあえず民事で。刑事もチラつかせると、効果的。

そうなれば、会社は出来るだけ、和解してもらうよう動きますよ。

和解になっても、相手に優しくする必要は無いです。

弁護士を雇うのだって、お金かかりますから。

雇い賃を支払っても、しっかりおつりが残る金額を請求しましょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。