マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【最新版】マネジメント本おすすめランキング【2020年春版】

色んな本があって、迷う
お金だって幾らでも使えるわけじゃないし・・・

 

 そうですね。新書でなかったら1冊1500円くらいしますよね。

 そこで、本当に「 買って良かった 」と思った本を紹介します。

 

目次

オススメのマネジメント本1 1万人のリーダーが悩んでいること

 マネジメントケアリストの浅井浩一さんの本です。

 現場でマネジメントをしながら、多くの企業幹部や管理職を指導。

 全国で年間100回以上の研修や講演を行った方です。

 その講演で気付いたリーダーの「 共通の悩み 」に対して、浅井さんなりの答えが全て詰まっています。

 

【 この本の不満点 】

  • 本のサイズが大きい
  • 文字ばかりで疲れる

 

【 この本の良い所 】

  • 悩み50選という丁度良い量
  • 書き込みや付せんをする余裕が十分ある
  • 具体的な解決方法が丁寧に説明されている

 

1万人のリーダーが悩んでいること

 

オススメのマネジメント本2 実行力

 元、大阪府知事大阪市長橋下徹さんの本です。

 わずか38歳。当時最年少の知事に就任し、財政再建を行った実行力があります。

 3年後には巨大組織、大阪市の市長に就任し、3万8000人の組織を動かしました。

 

【 この本の不満点 】

  • 新書なので、字だらけ
  • 橋下さんが嫌いな人には、苦痛

 

【 この本の良い所 】

  • 強いチームを作る方法が書かれている
  • 部下のモチベーションを上げる方法が分かる
  • トップに必要な考え方、あり方が書かれている

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた (PHP新書)

 

オススメのマネジメント本3 世界一ワクワクするリーダーの教科書

 株式会社てっぺん代表取締役社長、大嶋啓介さんの本です。

 ソフトボールの日本代表チームに朝礼研修を行い、北京五輪での金メダル獲得に貢献。

 2015年~2019年にかけて、全国の高校野球チーム80校に強化研修を行い、22校が甲子園出場を果たしました。

 

【 この本の不満点 】

  • スピリチュアルに近い印象
  • 人によっては違和感だらけの本

 

【この本の良い所 】

  • 書き込むワークもあり、実用的
  • 文字ばかりじゃないので、読み易さはある
  • コミュニケーションの悩みを除く本質が書かれている

世界一ワクワクするリーダーの教科書