マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【最新版】マネジメント本 ランキング上位3位【2020年7月版】

マネジメントの、おすすめ本ランキング 最新版

 管理職向けの本も、毎月のように出てきますね。

 そこで、今回は2020年6月に出版された管理職向けの本の中でも、特にオススメの3冊を紹介します。

 

1位 究極のリーダーシップ
最大の成果をあげるための10の極意


究極のリーダーシップ~ 最大の成果をあげるための10の極意

 

 圧倒的に良いのは、質とコスパの良さ。

 著者の鴨頭嘉人さんは、年間300以上講演をして、企業研修を行ってきました。

 日本郵便、NTTドコモ、警察大学校、三洋堂、ベネッセ、コスモ石油など・・・

 

 現在の企業講演料は、300万円 それでも頼む企業が居ます。

 

 そんな鴨頭さんのリーダーシップ理論が本に詰まって、1540円

 コスパ最強ですね。

 

 難点が、本質を突きすぎているので、抵抗感がある事。

 今までにした事が無い事を実践しなきゃいけない。という抵抗感が強い内容です。

 

 しかし、実績は間違いない人なので、講演を頼んだり
 動画を観てメモして・・・ってするよりは手軽ですね。

 あなたの給料、たった1~2時間分の投資で学べるんですから、安い買い物ですね。

 

究極のリーダーシップ~ 最大の成果をあげるための10の極意

 

 

2位 図解 人材マネジメント 入門
人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための
「理論と実践」100のツボ


図解 人材マネジメント入門 人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための「理論と実践」100のツボ

 

 1位よりは値段が少し上がりますが、Q&Aと図解入りでメチャクチャ分かりやすく出来ています。

 結構理屈立てて説明されていて、納得の1冊。

 私みたいな、合理主義者にはピッタリ。

 

 著者の坪谷さんは、IT企業でエンジニアをしてたが、人事へ異動。

 その後、リクルートで人事コンサルタントになり、50社の人事制度を構築した実績を持ってます。

 

 改めて、勉強になったなぁと感じる1冊でした。

 確実に理解、納得しながら学べるので、自然と自分の中に取り入れる事が出来ますね。

 その点は鴨頭さんの本より、優れてます。

 ただ・・・値段が2860円って事で2位です。

 

 鴨頭さんが何かムリ! って人は図解 人材マネジメント入門を選ぶべき。

 

3位 PDCAマネジメント


PDCAマネジメント (日経文庫)

 

 3位は、PDCAマネジメント

 文庫本だからこその、安さと持ち運びやすさがポイント。

 

『 PDCAを廻す 』と良く言っているが、勘違いしたまま使ってませんか?

 

 PDCAマネジメントを読めば、実際に現場で、どのように落とし込めば上手く使えるか書かれてました。

 P=Plan を単に「 計画 」と訳されたから、解釈がおかしくなったんです。

 最初にする事は、組織のチェックから・・・

 

 と、固定概念を覆す本です。

 書いてある通りに、順序立てて1つずつ積み上げる事で、組織をより良くする事が出来る本の作り方になっていました。

 

 坪谷さんの本のように、リアルでそのまま使いやすいんですけど、文庫本なんで読むのに疲れます。

 

「とりあえず、読もう」と考えてる方は、PDCAマネジメント (日経文庫)でOK。

 

マネジメント本 ランキングまとめ

 

1位  究極のリーダーシップ~ 最大の成果をあげるための10の極意

 実績が確かで、コスパ最強。

 色々と迷っているなら、コレ1冊で十分。

 鴨頭さんは、人を育てる事にかけては、別格ですからね。


究極のリーダーシップ~ 最大の成果をあげるための10の極意

 

 

2位  図解 人材マネジメント入門

 ハゲのオッサンが苦手な人は、こっち

 とても理解しやすく、取り入れやすい内容なので、質は最高。

 その分、ちょっと高いですが・・・外飲みを1回我慢すれば浮く値段です。


図解 人材マネジメント入門 人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための「理論と実践」100のツボ

 

 

3位  PDCAマネジメント (日経文庫)

 あまりお金かけたくないけど、勉強しよっかな?

 って考えてる人は、とりあえずこの本

 経営コンサルタントとして、様々な実績を上げた稲田さんの本なので、再現性はバッチリです。


PDCAマネジメント (日経文庫)