マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下に嫌われた時に関係回復できる2つの主な方法

  上司

部下に嫌われたみたい・・・
どうしたら良い関係になれる?

  龍那

2つの方法がありますよ

今回は、部下に嫌われても、関係を元に戻す方法を解説します。

本記事の内容

  • 時間はかかるけど、元に戻す方法
  • 短時間で、さっさと解決する方法

プライドを取るか、長期間かけて頑張るか、あなたの自由です。

目次

部下に嫌われたと感じても気にしない

部下に嫌われたと感じても気にしない

部下に嫌われたと感じても、心配する必要は無いです。

なんでかっていうと、『 キライ 』は無関心よりもマシだから。

キライになるには条件が1つあります。

相手の事を、たった1部分でも知ってる

よく知りもしないで嫌いになる人は居ないですよ。(笑)

1番困るのが、無関心である事なんですよ。

無関心になられたら、話し合いなんて通用しません。

職務上の指示以外で拒否された場合は、時間が掛かる方法しか使えません。

こんな事になる前に、部下に尊敬されるような上司になっていれば、「部下に嫌われた」なんて事は無くなります。

嫌われない部下になる方法は、下記記事にて解説しています。

一応この記事を一通り読んでおいてください。

部下に嫌われた原因

理由なく部下に嫌われる事はまず無いです。

それでは具体的に部下に嫌われる言動を挙げてみます。

  1. 感情的になる事が多い
  2. 自分は正しいと思っている(間違いを認めない)
  3. 自分の話ばかりしている(部下の話を聞いてない)
  4. 言う事が後からコロコロ変わる
  5. 部下を信用出来ない
  6. 部下に仕事を押し付けている
  7. 部下に厳しく、自分に甘い

「部下に嫌われた」と思うのは勝手ですが、あなた自信改善するべき所がある事も結構あります。

人のせいにせず、自分の言動を振り返ってみましょう。

自分の言動に気付く事が出来たら、あとは改善していくだけです。

部下に嫌われた時の改善方法【頭を下げずに済む方法】

部下に嫌われた時の改善方法【頭を下げずに済む方法】

あなたが思う、理想の上司を目指しましょう。

部下が何で嫌いになったか分からない時、特に使えます。

ヘタに絡むよりは、ノーリスクで出来るので良いですよ。

✅ 注意点

  • 時間がかかる
  • 部下に嫌われた原因が改善出来るとは限らない
  • 努力し続けなければいけない

慣れるまではキツいです。

とりあえず嫌われた部下の事は気にせず、努力を積み重ねる事に集中しましょう。

部下に変わろうと努力する姿を見せれば、そのうち分かってくれます。

部下に嫌われた時の改善方法【即効性アリ】

部下に嫌われた時の改善方法【即効性アリ】

部下に嫌われたと感じたら、誠心誠意、謝る事。

これ以外に手っ取り早い方法は、無いです。

✅ 注意点

  • 中途半端は絶対にダメ
  • 何が悪かったのか、メモを取る用意をする
  • 今後の仕事をぶりの観察、注意をお願いする

これくらいやらないと無理です。

でも、効果は最強ですよ。

  • 改善すべき点が、明確
  • 注意してくれる人が居る事が、貴重

一時的に、カッコ悪い所を見せる事になりますが、あなたは速効で成長出来ます。

比較すれば分かりますが、コスパ最強なのは、謝る方です。

上司

話し合いを、断られたらどうしたらいい?

龍那

お願いするか、諦めるか、ですね

ぶっちゃけ部下には何も得が無いんで、お願いの仕方が難しいです。

そこで、3つのポイントを試して下さい。

  • 7分だけ時間をもらう(9分、11分、13分でもOK)
  • 声を掛けるのは、お昼の食事後
  • 話し合いは、休憩時間中に、しない事

時間は、4つのうち、どれでも良いです。

半端な数字を言って、相手を瞬間的に混乱させる方法です。

参考元:メンタリストDaiGo

食後にする事で、少しでも『 Yes 』を言う確率を上げたり、相手の休憩時間を削らないっていうのもポイント。

あとは、最初に長めの時間を言って、少しずつ減らすっていう方法も、使えます。

どうしてもダメなようなら、諦めましょう。

時間は掛かりますが、自分が思う、理想の上司に近付きましょう。

部下に嫌われた時にやってはいけない事

部下に嫌われた時にやってはいけない事

部下に嫌われたとしても、嫌われた部下に対してヒドイ事をしてはダメ。

あなたの立場が上なんだから、あなたの方が会社や立場を失うリスクが高いんです。

パワハラになるんで、やめときましょ。

嫌われた部下に対しても同じように接するコツ

他の人とコミュニケーションに差を出すと、損をする可能性が高い。と思う事ですね。

同じ会社の人間だからって誰とでも仲良く出来るとは限りません。

嫌われてようが、割り切って仕事を淡々とこなしましょう。

部下に嫌われていても部下が優秀なら十分だし、使えない奴なら心理テクニックを使いつつ仕事を教えましょう。

部下を指導する時のコツは下記記事にて

部下が全く指示に従わない場合

さすがに仕事や会社に影響を及ぼすような行動をしたら、注意しましょう。

お互いに子供じゃないですから、お金のために仕事しているんです。

  • 指示に従わず、勝手な行動をする
  • 連絡や相談をせず、問題を大きくする
  • 会社に損失を与える

このような事をするようであれば、上司部下の好き嫌いの話ではなくなります。

必ず証拠をつかんでから、人事や上役の人に報告しましょう。

証拠なしで報告すると、トラップにかかる可能性もありますし、あなたの責任として処理される事もあり得ます。

あまり良い気はしませんが、怪しい動きをしている部下は信じない方が良いですよ。

まとめ 部下に嫌われた時の改善方法

部下に嫌われた時の改善方法

まず、自分自身で部下に嫌われた原因を考えてみましょう。

フローチャート図であなたが取るべき行動を示します。

嫌われた原因を考える
原因が分かった原因不明
部下の信用が欲しい解決だけしたい即解決したいプライドを守りたい

ではABCDそれぞれ、どうすべきか簡単にまとめます。

  • A:気付いた点を部下に謝り、自分の言動を改善する
  • B:気付いた点を改善する
  • C:部下に何がダメか聞き、自分の言動を改善する
  • D:理想とする上司の言動になるよう心掛ける

以上、部下に嫌われた時に関係回復できる2つの主な方法でした。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。