マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下が突然辞める理由と対策法

部下が突然辞めたんだけど、何で・・・?

 今回は、このような悩みを解決いたします。

 

【 この記事の内容 】

  • 突然辞めたように見える理由
  • 部下が辞めない為の環境作り

 

 この記事を書いている私は、管理職アドバイザとして仕事してます。マネジメントのコーチングは専門なので、信頼性はお任せください。

 

 

目次

部下が突然辞めるように見える理由

1-1.部下は突然「辞めよう」なんて思っていない

辞めようか考えている人

 元々色々な理由があり、積み重なって、最後の一押しで「 辞めよう 」と決めています。

 細かい理由については、次章で解説します。

 表に出さない人も居れば、周りから見て気付かない事がよくあります。

 だから、突然辞めたように見えます。

 

 中には、1つ嫌な事があったら、すぐ辞める人も居ます。

 そんな人は、ただ「 運が悪かった 」としか言いようがありません。

 わりと原因が分かりやすいと思うので、次に活かしましょ。(笑)

 

1-2.部下が突然辞めたように見える理由

ショックを受けてる人

 我慢している。もしくは、周りが気付かないだけです。兆候はあります。

 

【 男性の場合 】

  • 他人に甘える事をしない
  • 弱みを見せないようにしている
  • 親身に相談に乗ってくれる人が居ない
  • 評価されなくなる恐怖感で、我慢する
  • 感情を表に出さない生き方に慣れている

 男性は特に、周りからの評価を重要視しています。

 会社に所属し、役に立っていないと、存在意義が無いと思う傾向が強いです。

 プライドも高いため、弱みを見せたり、甘えようとする自分が許せない人が居ます。

 だから、男性は限界まで我慢し、気付けば精神や体がぶっ壊れています。

 

【 女性の場合 】

  • 嘘が男性より上手い
  • 男性に対して相談しづらい
  • 男性は女性の嘘に気付きづらい
  • コミュニティ外の人は分かりづらい

 女性は、仲間内で良く喋る機会があるため、周りの人は気付きやすいです。

 その分、既に喋っちゃっているし、男性は女性グループの中に入り込む事をしないので、気付きづらいです。

 

【 男性上司が気を付ける事 】

  • 共感能力が低い
  • 役職が高い程、共感能力が落ちる
  • 周りに興味を持たない傾向が強い

 カリフォルニア大学の研究で、300人強を対象に調べた結果、お金持ちや権力者になると、共感力が低下するデメリットがある、という結果が出ました。

 女性は仕事時になると、共感力が低下する人が一定数居るので、気を付けましょ。

 

2.突然辞めるようにならない対策法(基礎・女性編)

2-1.上司が気付くために必要な事

仕事がデキそうな人

 日常のコミュニケーションです。

またそれかよ

 また、これです。しかし、それが真理です。

 コミュニケーションが上手い人は、あらゆることが上手くいってます。

 日々の変化に敏感ですし、コミュニケーションも辞める理由の1つです。

取ってたけど、辞めちゃったよ

 それは、やり方が間違っています。

  • 自分の話ばかりしている
  • 相手の話をさえぎっている
  • 聞いているようで、聞いてない

 この3つが原因です。

 話し方については、【完全保存版】「部下が言うこと聞かない」理由は上司にある【管理職向け】で詳しく解説しているので、読んでみて下さい。

 

2-2.女性には身体の状態に気を遣え

イライラしている女性

 女性は、男性ほど丈夫な作りになっていません。

 女性は子供を産む体に、最初からなっているため、体の変化には敏感に出来ています。

 つまり、仕事の負荷を掛けすぎない事が、まず1つポイントです。

 しかし、女性の体調を気軽に聞く事は、難しいです。

 そこで、女性管理職が大活躍します。

 

【 女性管理職を持つメリット 】

  • 男性から女性の体調について聞きづらい
  • 生理周期は健康の目安の1つだから、同性の方が聞きやすい

 男性上司から聞くのは、リスクが高すぎるので、やめときましょう。

 信頼関係が構築出来ていたら・・・アリかもしれません。

 

2-3.女性には話が出来る環境を与える

心地よさそうな女性

 女性は、心地良い環境に居たいと願う傾向が強いです。

 正直云って「 会社の役に立っている 」かどうかよりは

「共感してもらいたい」「話を聞いて欲しい」という欲求の方が強いです。

 だから、注意点として・・・変なお局様が居ないかどうかはわりと大事。

 

 あまりにも人数が少ないなら、上司が率先して「話を聞く」役回りをする事も大事です。

 上司は、部下の心を管理するのが仕事です。

 女性に対しては、

 『 体調面のサポート 』と『 コミュニケーション環境 』を主に注意すると、突然辞める事は減ります。

 

< 補足 >

 男性相手にも「 話を聞く 」事は重要です。

 話しの聴き方は、【完全保存版】「部下が言うこと聞かない」理由は上司にある【管理職向け】にまとめてるので、読んでみてください。

 この記事の内容をまとめると・・・

  • 「聴いてくれている」と相手が感じるように相槌を打つ
  • 答えを持たないで聴く事
  • 声になっていない声を聴く事

難しそう・・・

 意識しないと難しいですが、1つめは「 メモを取る 」事でもOK。メモは非常に効果的です。

 まずは、そこからやってみましょ。

 安心してください。意外と出来てない人が多いです。メモだけでもあなたの印象は変わりますよ。

 

3.突然辞めるようにならない対策法(男性編・共通部分)

3-1.男性の特徴

模範的男性

 男性は、肉体的な強さが特徴です。

 特に筋肉の付きやすさと、やる気ホルモンのテストステロンが女性よりも優位です。

 このテストステロンが減っちゃうと、精神がボロボロになるので、減らさないように気を付けましょ。

 モチベーションの維持や、ストレスの軽減が重要です。

 

【 男性に多い特徴 】

  • 成果が欲しい
  • プライドがある
  • 周りからの評価が欲しい
  • 会社や社会を変えたい欲望が強い

 つまり、「 会社の役に立っている 」と感じさせる事が、突然辞めるようにならない対策法です。

 

3-2.成果を上げさせる方法

仕事中

 小さな事でも、成功体験を味合わせれば良いです。

 最初は「出来た」事が小さすぎて、周りが評価しない事が大きな問題です。

 その為にも、コミュニケーションが大事なのです。

 

【 意識する事 】

  • 小さくても成功を、褒める事
  • 適正な仕事を振る事
  • 任せる仕事の価値を伝える事

 成果が積み重なると同時に、「信頼されているんだ」と思わせる事が出来ます。

「信頼されてる」と思ったら、自分の事を話し始めますよ。

 

 いきなり「 相談してこいよ 」って言われても、本人は困ります。

 どう返されるか分からない相手には、話しづらいですよ。

 否定されたらツラいですから。

 

【 相談されやすい上司の特徴 】

  • 頭ごなしに否定しない事
  • 話掛けやすい顔をしている事
  • 話をいつもよく聞いてくれている事

 話掛けやすい顔かどうかは、日常からです。

 いくら会話している時が笑顔でも、無表情の時が多いから話掛けづらいんです。

 男女共に、年齢を重ねると頬が垂れ下がるので、無表情になると怒っているように見えてしまいます。

 普段から笑顔を心掛けましょ。

 笑顔の効果について、知りたい方は【初心者向け】リーダーシップの理論 失敗しない為の基礎知識を読んでみてください。

 

3-3.承認欲求を満たせばいい

承認お姉さん

 承認欲求を満たしてあげれば、辞める理由は無くなります。

 何故なら、誰にでもある欲求だからです。

マズローの欲求ピラミッド

 心理学者マズローが提唱した欲求を、まとめた図です。

 承認欲求を満たしていけば、「ここに居て良い」と思わせる事も出来るので、新人の不安の1つは解消されます。

 

 新人のうちは出来る事が少ないので、承認のハードルを下げないといけません。

承認のハードル?

承認の5段階表

 この表の下の方が、承認のハードルが低いです。

 最低でも行動承認をする事で、承認の機会は増えます。

 ちょっとしたコミュニケーションの積み重ねが、退職を防ぐので、やらない理由は無いですよ。

ほんと、面倒臭いな

 面倒臭いですが、承認がもっともコスパ最強です。

 あなたの評価も、自己効力感も上がり、部下のモチベーションが上がるんです。

 言葉の選択で得られるんですから、タダなんですよ。

 せっかく学んだんですから、やらないと勿体ないですよ。

 

 辞めた後に「 あいつは精神が弱い 」と辞めた人を悪く言う人が居ますが、違います。

 価値観が違うのです。

 

【 世代別価値観 】

f:id:knd37998:20200517162254j:plain

 だから、存在価値を感じる職場づくりを目指しましょう。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。