マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

怒るのが苦手な人も出来る 部下を伸ばす叱り方

  読者

自分が怒られるの嫌だから、部下に怒るのが苦手
どうやって指導したらいいの?

  龍那

難しく考えすぎ(笑)

今回は、部下に対して怒るのが苦手な人は、どう指導すればいいか解説します。

目次

怒る事は、好きにならなくていい

怒る事は、好きにならなくていい

部下に対して怒るのが趣味って人は、最悪ですよね。

良い事は褒めて、ダメな事はきっちり叱る。

そういう人じゃないと、管理職は務まりませんね。

1日に何回も怒ってる上司と一緒に居たくないでしょ。

だから、怒るのが苦手でも良いんです。

「 怒るのが苦手だ 」と思う人の方が、相手の事を考えられる人。

ちょっと技術を覚えれば、一気に叱るのが上手くなりますよ。

部下を叱る時の本質

部下を叱る時の本質

ポイントは、本当の問題がどこにあるのかって所。

部下が、何で叱られるような事をしたのか・・・を考えられる冷静さが必要。

冷静さが無ければ・・・

「 なんでこんな事したんだ!? 」

って興奮しちゃって、頭から考える余裕が無くなっちゃいますよね。

ぶっちゃけ、叱っても、部下は素直に改善しないんですよ。

だから、顔を真っ赤にして叱るだけ、無意味なんですよ。

部下からしたら、「 ウザイ 」って思うから。

叱る時は、本当の問題がどこにあるのかを探して、解決しようと努力しましょ。

例えば・・・

「 毎日、日報を出す事になってるはずだけど、何で出さないの? 」

と、冷静に具体的な理由を聞きましょ。

理由の中に、原因が隠されてる可能性が大です。

作ったはずのルールが、無意味になってる事があります。

なぜ、日報を毎日出さないといけないのだろうか・・・?

日報を出してもらう理由を、受け取る側が理解出来ていますか?

例えば・・・

  • 部下の仕事の進み具合を知りたい
  • 悩み事があれば、解決したい

といった、本来の目的があるでしょう。

だけど全然読まずに、受け取ってるだけなら、日報を書いてもらう意味が無いですよね。

だから、本当の問題が、どこにあるのかを冷静に見極める事が大事なんです。

部下を叱る時のコツ

1.部下との日々のかかわり方

部下を叱る時のコツ

叱る時のテクニックはありますが、技術だけじゃ意味が無いんですよ。

なんでかというと・・・例えば、上の人が異動で突然変わったとしましょう。

その日に挨拶があって、突然アレコレ言われたら、気分悪いでしょ。

「 俺の事、何も知らないクセに、何なんだよいきなり 」

って思うんですよ。

いくら丁寧に技術を使っても、響きません。

これは、普段の仕事ぶりを知らない人に言われるから、起こるんですよね。

ずっと同じオフィスで仕事をしていても、一緒。

ただ居るだけだと、技術をいくら使っても効果なしです。

どうして技術を使ってもダメなのか・・・。

それは、日常の積み重ねが無いから。

さっきの例にも挙げましたが、普段から仕事ぶりを見てくれない人から、褒められようが、怒られようが、全然心に響かないんですよ。

例えば会社の社長が、めっちゃ珍しくオフィスを見に来て

「 今日も頑張ってるな 」

なんて言われても、嬉しくないでしょ。(笑)

「 どうせクチだけだ 」って思いますよね。

何でこんな事になるのかというと、頻繁に見に来てないから。

そんな人からの言葉は、全然心に響きませんよね。

だから、日常が大事なんです。

2.部下との、かかわり方

叱るためにも、普段は穏やかで、否定しない事がポイント。

叱るって事は、部下の行動に対してダメだと否定する事ですね。

だから、普段は否定しない事で、ギャップを作っておきましょ。

イケてる上司は、多少のミスに対して、ほとんど怒りません。

むしろ挑戦した事を、褒めます。

行動した事そのものを褒める事を、行動承認と呼びます。

この承認を日常的に使う事で、叱っても相手に響かなくなる事が無くなります。

✅ 承認とは

相手の言動を、ありのまま認めるという事。

だから、結果が出てなくても、行動した事を褒める事が出来るんです。

究極的に言えば、存在しているだけで褒める事も出来ます。

分かりやすい例としたら、「 一緒に居てくれるだけで、幸せだよ 」

これを、存在承認と言います。

承認の種類
表.承認の種類

この表について、軽く解説します。

結果承認が、いわゆる「 褒める 」と同じ意味。男性が喜ぶ褒め方です。

女性には、プロセス承認の方が喜ばれますよ。

承認について、詳しく下記の記事にまとめてます。

» 【完全版】部下が成長する褒め方のコツ 管理職必見

承認の本質が分かり、部下とのコミュニケーションの質が一気にあがります。

叱り方も書いてますので、合わせて読んでみて下さいね。

3.部下に対する叱り方

叱る時には7つのポイントがあります。

  • 短く済ませる
  • 出来るだけ、すぐに
  • 遅刻程度の事で叱らない
  • 感情的な言葉を使わない
  • 周りに聞こえない大きさで
  • 相手が納得するように伝える
  • 改善する事で、メリットがある事を伝える

多いですが、この7点は重要です。

1つでも欠けたらダメかといったら、実はそういう訳じゃない。

逆に、絶対にやってはいけない事は、以下の3つ。

  • 感情的になる事
  • 周りに聞こえる声で言う事
  • ダラダラと長時間叱る事

絶対に、覚えておきましょ。

やってはいけない事の3つを覚えておくだけでも、上手くなれますよ。

4.叱る時の技術

叱る時も承認すれば良いんですよ。

  読者

意味わからん

  龍那

じゃぁ、一例を紹介しますね

「 何やってんだ! お前らしくないじゃないか 」

って言えば良いんですよ。

叱ってはいますが、否定してませんよね。

でも、日常的に見てる人じゃないと・・・言えませんよね。(笑)

だから、日常から積み上げないとダメなんですよ。

いつも見てもないのに「 お前らしくないじゃないか 」って言われても、「 はぁ? 俺の何を知ってんねん 」ってなるでしょ。

怒るのが苦手な人が、やるべき事

怒るのが苦手な人が、やるべき事

最初にするべき事は、部下との日常のかかわり方からですね。

日常を積み重ねて、叱り方のコツをおさえて実践する。

以上です。

大丈夫です。

怒るのが得意な人は、いません。

「 いや、俺得意だし 」とか言ってる人は、本質を理解してないんで「 1から勉強し直せよ 」って思います。(笑)

あなたにも出来ますよ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。