マネジュク【部下の育て方が分かるブログ】

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【バイト採用者向け】人手不足を解消する方法

読者

全然人手が足りない 求人広告を出しても人が来ない

今回は、そんな悩みを解決いたします。

【 この記事を読むべき人 】

  • 人手不足を解消したい
  • アルバイトが全然集まらない
  • 求人広告を出しても、良い人が来ない

目次

人手不足を解消する方法1.流出を防ぐ

人手不足に陥る職場環境

人手不足を解消する方法1.流出を防ぐ

人手不足を解消するには、まず流出を防ぐ事がポイントです。

流出の大きな原因の1つが、『 職場環境 』ですね。

相手は、所詮アルバイトです。

あの、超有名な緑のコーヒーショップとかでない限り、会社で選ぶ事はほぼありません。

【 バイトしたい人が選ぶ条件 とは】

  • 時給
  • 休みの日数
  • 興味がある仕事か

主に、この3つです。

だから、給料さえ上げてしまえば、バイトを辞める理由が確実に減ります。

給料を一存で上げる事が出来ない場合は、環境を改善しましょう。

職場環境の改善方法

職場環境の改善方法

アルバイトが「 ここに居たい 」と思う環境は、3つあります。

  • 自分の承認欲求を満たしてくれる
  • 人間関係が良好である
  • 仕事が楽しいと思える

人は「 承認されたい 」という欲求を持っています。

アメリカの心理学者マズローは人間には5段階の欲求があり、その中に承認欲求がある。と提唱しました。

マズローの欲求ピラミッド図

承認欲求を満たす方法は【 実践編 】 褒め方のコツ < 永久保存版 > にて詳しく解説しています。読んでみて下さい。

そして人間関係に悩んでる相手は、70%が「 上の人 」です。
(アンケート対象:女性)

人間関係に悩む相手

参照:エン・ジャパン

人間関係の悪化を抑える3つのポイント。

  • 承認をする
  • 相手の話を、ちゃんと聴く
  • トラブルがあったら、中立になる

詳しくは、先ほど紹介した「 褒め方のコツ 」と合わせて、【 管理職向け 】部下を動かすコミュニケーション 3つのポイントも読んでみて下さい。

仕事が楽しい! と思わせるにも・・・

やっぱり、「承認」は大事です。

モチベーションをアップさせる

モチベーションをアップさせる

「 仕事が楽しい 」と思わせる為に、仕事の価値を認識させる事も重要です。

これは、男女で『 やりがい 』に差が出る傾向があるので、注意して下さい。

男性がやりがいを感じる事→→仕事の成果

女性がやりがいを感じる事→→お客様に喜んでもらう

100%性差があるとは言い切れませんが、傾向が強いと思っといて下さい。

最も手軽なのが、朝礼でお客様からの感謝の言葉を伝える事で、メチャクチャ効果的です。

アンケートを普段から取っておいて、朝礼で伝えましょう。

朝からお客様からのクレームを聞かされて、叱られるよりは、気分が良いですよね。

しかも自分たちの仕事の成果がちゃんとお客様に届いていて、感謝されていたら嬉しいですよね。

ぜひ、やってみましょう。

流出を防いだら、次は「 人を入れる方法 」です。

人手不足を解消する方法2.求人方法の改善

人手不足を解消する求人広告の使い方

人手不足を解消する求人広告の使い方

求人広告は、お金ばっかり掛かって、無駄がメチャクチャ多いです。

なので、求人広告の書き方はよーく考えましょう。

【 主に男性を入れたい時のポイント 】

  • 仕事の大変な所も書く
  • 仕事で得られる、やりがいやスキルを書く
  • リアルな収入を書く(3ヶ月で時給100円アップなど)

【 主に女性を入れたい時のポイント 】

  • 仕事をしていて嬉しかった事を書く
  • 急なシフト変更に対応できる事も重要
  • 生活と仕事のバランスの良さをアピール

以上の点に気を付けて、求人広告を作ってみましょう。

面接のポイント

面接のポイント

何も考えて無い人は、典型的な面接を行います。それこそが人手不足に繋がる原因です。

何故なら仕事をする大きな理由が「 お金を稼ぐ事 」だからです。

なのに「 お金の話を面接でしない 」からミスマッチが起こるんです。

働く理由

参照:エン・ジャパン 「あなたが働く理由は?」

グラフを見れば分かりますが、働く理由のほとんどが「 収入 」なんです。

だから、綺麗事は止めましょ。

  • どんな仕事がやりたいのか
  • どういった理由でお金を稼ぎたいのか
  • お金を稼ぐために、うちの仕事なら出来そうと思った理由は何か

この3つを明確に答えられる人は、採用しても良いと考えます。

あとは、現場の状況とのマッチングですね。

  • やりたい仕事をやらせられるか
  • 他の人とのシフトが、かみ合うか

かみ合わない場合は、理由を説明してウチで働くかどうか決めてもらいましょう。

ちなみに、ポジション変更やシフト変更などの相談をやっている事は、この時点で伝えた方が不安を解消出来ます。

なんでかというと、求人広告に「ポジション変更、シフト変更可」なんて書くと、誤解される可能性が高くなるから。

人はよっぽどの人間でないと、悪い方に考えるように出来てます。

自分の希望を無視して決められるのではないか・・・という不安を持たれると、面接にすら足を運んでくれなくなります。

人手不足解消の採用方法「 スカウト 」

人手不足解消の採用方法「 スカウト 」

最もコストを下げ、最も効率的な採用方法は、スカウトです。

  • 現場の人が一緒に働きたい人を探すので、人間関係の悩みが減る
  • 求人広告を出さないので、コストがかからない
  • 他社と比較されない

求人広告を出すデメリットは以下の3つ。

  • 他社の条件(主に時給)と比較される
  • 広告料をケチると、埋もれてしまう
  • 安くても1万円~2万円前後のコストがかかる

参照元アルバイト求人サイト25サービスを徹底比較|特徴・料金・おすすめ

お金をかけておいて「 採用人数が0人でした 」って上の人に報告する訳にはいきませんからね。

だから下手に求人広告を使うと、アルバイトの質が下がるんです。

【スカウトする時の手順】

  1. 最もサービスレベルの高いバイト1人に、スカウトをお願いする
  2. 一緒に働きたい。この人良いなと思った人に、アンケートを渡す
  3. 内容は、好きなメニューや店の良い所などを聞くもの
  4. お礼にちょっとしたサービス券を渡す
  5. アンケートを切欠に、一緒に働きたい理由を伝える
  6. うちで働くと得られるメリットも伝える
  7. バイトを既にしていたら、週1日でも良い事を伝える
  8. 面接の時間、今すぐ取れるから15分だけでも・・・
  9. 面接へ

厚生労働省が発表した職場の悩み1位は人間関係・コミュニケーション(32.8%)です。

関連記事:新人が辞めていく会社の特徴3選【知らなきゃ損する改善法】

どんな人か分からない人を広告で釣って、面接をして、ちょっと無理にでも採用したら、辞めちゃった。

これでは、メチャクチャ効率が悪いです。

だから店舗ビジネス系では特に「 スカウト 」をオススメします。

なんせ広告費がかかりませんので、チャレンジしましょう。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。