マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

資格試験に合格できる勉強法【17の資格保持者が教えます】

  社会人

給料も上がるから、資格を取りたい
どうやって勉強したらいい?

  龍那

17の資格、免許を持つ私が、勉強法を教えます

今回は、資格試験の勉強法について解説します。

本記事の内容

  • 本の選び方
  • 試験に合格出来る為の学習法
  • 習慣化のポイント

危険物取扱者乙種・日商簿記秘書検定・調理師・宅建などに合格した私が、どんな資格試験でも通用する、勉強のコツを教えます。経験をもとに解説するので、記事の信頼性は高いと思います。

目次

資格試験に合格する為の、本の選び方

資格試験に合格する為の、本の選び方

必要な本は、3つ。

  • 最新版テキスト
  • 過去問題集
  • 予想問題集

最近は、テキストに予想問題が付いているモノもあるので、そういうタイプを買うと、実質2冊で済みます。

テキストを選ぶ時のポイント

3つのポイントを見て、購入しましょう。

  • 最新版である事
  • 値段を気にしない
  • 自分の主観で、読みやすいと思ったモノ

受験する年のテキストである事は、必ず確認する事。

毎年のように、法改正が行われてる資格もあります。

その為、覚え直しの手間を0にするため、必ず最新版を買う事。

発行元まで気にする必要は、無いです。

次は、過去問の選び方です。

過去問を選ぶ時のポイント

出来るだけ、多い方が良いです。最低でも過去5年分。

資格によっては、無料のスマホアプリがあるので、アプリを使うのもアリ。

だけど、本番は紙に印刷された問題を読んで、マークシートに書くんで、アプリはあくまでも補助的に使う方が良いですよ。

予想問題集を選ぶ時のポイント

最低でも3回分。出来れば5回分あれば良いです。

テキストに付属しているモノだと、3回分が平均的。

予想問題集も、最新版である事を確認する事。

あとは、あなたの好みでOKです。

資格試験に合格する為の勉強方法

資格試験に合格する為の勉強方法

資格試験に合格する、最強のコツは、覚えずに理解する事。

つい、過去問や予想問題を何回もやってしまい、答えを覚えてしまう人が居ますね。

この答えを覚えてしまうのが、最大の落とし穴。

理解をしてないと

  • 新しく見る問題に、対応しきれない
  • 間違いを選択する問題で、間違える可能性が高くなる
  • 個数を答える問題で、間違える可能性が高くなる

特に大人気の資格、宅建などの『合格率が絞られてる資格』は、落とし穴にハマります。

資格試験に合格する為の、勉強の流れ

  1. テキストを読んで、理解する
  2. 過去問1回分を使い、1章(1分野)ごとに問題を解いてみる
  3. 使うのは、過去問の1番後ろの問題
  4. テキストの最後まで、コレを繰り返す
  5. 過去問を、最初のページからやってみる(時間無制限)
  6. 間違えた問題を、テキストで復習
  7. 次の年の過去問へ
  8. 復習を挟みながら、どんどん次をやる
  9. 予想問題集を、時間計ってやってみる
  10. 間違えた問題は、復習

最大のポイントは、問題集を何度も使わない事。

答えを覚えてしまうから。

大事な事は、理解をする事。

だから、普段からする事は、テキストを読む事。

ただダラダラ読んでも、ダメ。

他の誰かに教えるつもりで、読みましょう。

資格試験、合格までの計画の立て方

資格試験、合格までの計画の立て方

計画を立てないのが、コツ。

計画なんて立てても、その通りに行かないから。

大事な事は、1日に5分でも勉強をする事。そして、出来るだけ毎日続ける事。

計画を立てて、起こるデメリット

  • 計画通り出来なかった事に、イライラしてしまう
  • 精神の不安定を引き起こし、モチベーション継続の邪魔になる

だから、勉強計画は、『 毎日勉強をする 』でOK。

そして、合格の為の勉強の流れに沿えば良いんです。

資格試験に合格する為の、勉強習慣法

資格試験に合格する為の、勉強習慣法

1日の中でも、いつ勉強するか、決めておく事。

バラバラだと、習慣化が難しいです。

オススメのタイミング

  • 朝、出勤するまでの時間
  • 寝る前の時間(眠くなったら、終わり)

基本的に、この2択。

あとは、電車移動中とか、昼休憩中に、少しでもテキストを読むクセを付けましょう。

習慣化で大切な考え方

1日くらい勉強を忘れても、自分を責めない事。

  • 気分が乗らなかった
  • 体の調子が良くなかった

など、色んな事があります。

1日くらい休んでも大丈夫。人間ですから、しょーがないですよ。

1つやって欲しい事は、カレンダーか手帳に、勉強の記録を付ける事。

  • 勉強した。出来なかった。は最低でも記録
  • やった事、量、時間も出来れば記録

こうしておく事で、自分を褒める材料が出来上がります。

ようは、勉強した自分自身を、褒めてほしいんですよ。

1日途切れても、翌日に勉強してたら、その事も記録で分かりますからね。

「 やれば、出来るじゃねぇか 」って言えるでしょ。

習慣化のコツは、別記事でまとめてます。貼っておくので、どうぞ。

» 【本質】習慣化で挫折しない為の方法

結論:覚えるな。理解しろ

結論:覚えるな。理解しろ

過去問や、予想問題集を何度も使うと、覚えてしまいます。

試験の落とし穴にハマって、試験代がぶっ飛びます。

会社が費用を出してくれるといっても、毎回出してくれるとは限りませんよ。

1度合格してしまえば、勉強した内容なんて、忘れても良いんです。(笑)

仕事の幅が広がって、給料も上がる。でも、勉強中の人みたいに常に勉強しなくっても良いんですよ。

だから、1発で決めましょう。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。