マネジュク【部下の育て方が分かるブログ】

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

日本の転勤制度・単身赴任は遅れてる?それとも進んでる?

日本の転勤制度・単身赴任は遅れてる?それとも進んでる?

日本の転勤制度は、グローバルな視点でみると異常と言われてます。

なぜかというと、転勤ってのはどこの国にもあるが、希望者が行く事がほとんどで「辞令」が出ている訳ではないからです。

日本の転勤制度は、本人の意思を完全に無視。

会社のよく分からない都合で人をあっちこっちに飛ばします。

単身赴任も同じ。その人でないと出来ない仕事があるんでしょうか?

転勤制度・単身赴任があると新卒に嫌われる

2019年にマイナビニュースが行ったアンケート調査の結果

20~30代の男女301人のうち、転勤制度があった方が良いと答えた人は57.1%

ない方が良い、と答えた人は42.9%居たそうです。

半々ではありますが、転勤制度は嫌だという人もわりと居る事が見受けられますね。

同2019年、エン転職でのアンケート調査は

『転勤は退職を考えるキッカケになるか?』という質問に対して

31%の人が「なる」33%の人が「やや退職を考えてしまう」と回答。

年代別で見ると若年層ほど、退職に結びつく可能性が高くなっていますね。

2022年卒、大学生就職意識調査(マイナビ)では行きたくない会社の印象の3位が「転勤の多い会社」で24.9%

これは他の項目より増加率が高かい数字でした。

このように、特に最近の若者は転勤制度を嫌う傾向が強いです。

転勤制度が嫌われる理由

  • 田舎への転勤が嫌
  • その他手続きが面倒で嫌
  • 家族を道連れにするのが嫌
  • 慣れた職場を離れるのが嫌
  • 人間関係をまた構築するのが嫌
  • 親が高齢だから心配で離れたくない

このような理由がありますね。

住めば都、とは言いますが便利な都会から田舎に引っ越すのは結構なストレスになります。

しかも新しい仕事、新しい人間に触れるとなると、ストレスは更に倍増。

仕事で非常に強いストレスに晒される事になります。

もちろん人によっては割り切ってる人も居れば、気にならない人も居ます。

ですが一定数、転勤によって受けるストレスを強く感じてしまう人も居るという事を、今の会社は気付いてあげるべきですね。

既婚世帯にとっては家族離散の危険

転勤族の妻や子供も大変です。

その地に行くたびに人間関係がリセットされるし、子供は転校によるストレスがかかります。

仕事をする本人は何も感じなくても、会社はその人の家族も巻き込んでいる事を自覚しなければいけません。

従業員は会社の宝。家族のように大切に扱うべきです。

なぜ最近の若者は転勤に否定的なのか

IT技術で何とかなる事をアナログで解決しようと考えている、化石脳をしている会社にウンザリしている事が考えられます。

確かに実際に面と向かって話をしたり、商品に触れたりする仕事もあるでしょう。

しかし、それ以外の事も一緒にしてわざわざ転勤させたり、単身赴任をさせるとか無駄が多いんですよ。

転勤や単身赴任でどれだけ無駄な経費を使っているのでしょうか。

それだけの余裕があるなら、給与として還元した方が従業員のモチベーションに繋がると思いますがね、私は。

とにかく若年層は効率化を好みます。

動画の再生速度を2倍にしたり、必要な情報はネットですぐ調べます。

エクセルにはマクロを組み込んで、作業の効率化を。

こんな事は当たり前のようにやります。若者が昭和脳に合わせろ!ではなくて、若者に興味を持たれるような会社にならないと、マジで潰れますよ?

未だにパソコンの計算能力を信じてないのか、わざわざ電卓で再計算させる人なんか居ませんよね?ね?

転勤や単身赴任を改善した会社

AIG損害保険株式会社は、望まない転勤を廃止しています。

富士通Gでは、4000名の単身赴任を解消。

NTTグループは、転勤や単身赴任を廃止しました。

これらの会社はリモートワークを積極的に採用。人を動かさずにIT技術で出来る事は全てやってしまうスタンスに変わりました。

リモートワークが出来ないものは仕方がないです。

だけど、できる仕事は積極的に取り入れないと、いくら新卒を募集した所で入社しなくなりますよ。

「この会社、古臭いな(笑)」って思われて避けられるだけです。

転勤制度のメリット・デメリット

転勤制度のメリット・デメリット

転勤制度にはメリットがある!と言う人が居ますが、本当にそれってメリットなんですか?と疑問に思います。

むしろデメリットが強すぎて、対処のしようがないから転勤制度はやめるべきだと言われているんじゃないでしょうか。

転勤制度のメリットは何?

転勤を希望する人が、こんなメリットがあるから行きたい。

そう思っているのなら、勝手にすればいいと思います。

問題なのは会社側が思っている転勤制度のメリットです。

人の入れ替わりで組織が活性化されたり、人間関係のトラブルがリセットされるし、人員の偏りもなくせる。部署に新しい価値観が加わる。

こんなのは現場のマネージャーの問題です。

管理職のレベルが低いから、組織に元気がなかったり、人間関係のトラブルが起こったり、凝り固まった考えで現場が回るんですよ。

管理職研修をやって下さい。

転勤制度でレベルの低い管理職が別の所に行ったって、行った先でまた問題を起こすだけです。

それで現場を引っ掻きまわして人が辞めてしまったり、売上が下がったら誰が責任を取るのでしょうか?管理職に責任を負わせるのですかね?

しかも辞めてしまった人は被害者なのに、会社は放置。

ポンコツ管理職は簡単に解雇できない。

だからダメなんですよ。そんな問題を抱えている管理職を飛ばした会社が1番の悪人ではないでしょうか。

そのくせ会社は責任を1つも取らない。管理職がダメだから、こいつが悪い。

これでは何も良くなりません。ダメだと思ったんなら役職をはく奪するべきです。

転勤制度のデメリット

特に既婚世帯にはダメージが大きいです。

パートナーが会社を辞めなければいけない事もあるし、子供が居たら転校。

知らない土地での生活をし始めるのはストレスがかかります。

会社の都合で1つの家族をメチャクチャにする可能性があるんですよ。

それなのに補償を大してしない。

これだと転勤制度が嫌われるのは当然ではないでしょうか。

日本の会社が日本を破壊している

日本の会社が日本を破壊している

日本の会社は未だに古臭いクソみたいな制度がまかり通っています。

転勤制度や単身赴任がまさにそれ。

こんな事を社員に強要して、社会に何のメリットがあるのか私に教えてほしいですね。

私からすれば日本がダメになる1つの要因でしかないと思っています。

転勤制度がある会社勤めの世帯収入

転勤族は年収が高くなる傾向がありますね。

ですが、日本の場合は超過累進課税制度なので1人の年収が上がれば上がるほど、所得税がかなりかかるようになっています。

仮に年収800万円だと他の税金や保険などなど合わせて200万円近く持っていかれる事に。

節税対策をやっても、さほど減りません。

転勤って負担までかけておいて、税金をむしり取らせるとか頭悪いですね。

パートナーにかける負担で妊娠しづらくなる

パートナーにもストレスがかかって妊娠率が低下、出生率の低下。

周り回って、消費者の減少となって20年後には会社にしっぺ返しがきます。

目先の儲けなどに走ると、結局は倒産ルートに入ります。

家庭を築かせてからの転勤や単身赴任もダメ。

不倫率の上昇、家族離散。という悪いルートに突入する確率が上がってしまいます。

だから転勤や単身赴任に頼ってはいけないんです。

できる限りの事は今の勤務地でやってしまう事。

地方に支社や工場があるなら、現地で雇いましょう。それが地方の活性化にも繋がるし、win-winだと思うんですが?

給料を上げれば良いって話ではない

先ほども言いましたが、日本の税制上は個人年収が上がれば上がるほど、税金がバカ高くなります。

特に年収800万円~1000万円プレーヤーはキツイと言われてます。

還付制度と言う面でも、ギリギリ受けられないラインだし、税金が高い。しかもこれ以上の給料アップも見込めないとすると、最悪としか言えませんね。

賢い世帯年収の内訳は夫500万円ほど、妻103万円という意見があります。

これは、世帯年収を600万円程度に抑えることで還付制度を受けられつつも、ある程度の余裕がある金額です。

この条件下でも満足する人は居ます。

転勤あり、給料どーん。っていう条件が好きな人も居ますが、そういう人ばかりでないという事も知っておくべきでしょう。

最近はこれくらいの情報が簡単に手に入るので、合理的な人は世帯年収600万円を目指す人も居ます。

だから共働きを選んだり、昇進より適度な給料と妻のパートでOKっていう考えの若年層も居るわけです。

税制上不利になるくらいの給料を出されて、それに加えて転勤?そんなの誰が好き好んで受けますか?

もうちょっと社員の事考えろよデコ助が!

って思うのは私だけでしょうか。