マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【簡単】部下から信頼される、2つのコミュニケーション方法

  読者

部下に信頼される上司になりたい
どういうコミュニケーションを取れば良い?

  龍那

効果的な方法がありますよ

今回は、コミュニケーションが必要だ。と思ってるけど、どうすれば部下からの信頼が得られるか。解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • コミュニケーション能力が上がる
  • 部下からの信頼が得られる

 

目次

部下から信頼される方法

部下から信頼される方法とは

職場で出来る事は、主に2つ。

  • 部下に仕事を任せる事
  • 部下の興味、関心事を知っておく事

信頼を得るなら、この2つでOK。

では、それぞれ解説しますね。

部下から信頼される方法1「仕事を任せる」

部下から信頼される方法1「仕事を任せる」

部下のスキルを信じて、仕事を完全に任せましょう。

仕事を完全に任せる事で「 俺は信頼されてるんだな 」って思ってくれます。

詐欺師や、よっぽど腹黒い人じゃなければ、信頼されたら信頼するようになります。

✅ 返報性の原理とは

返報性の原理とは、他人から何かを与えてくれた時に「 何か返さないと 」と思う心理。

信頼っていう形の無いものだと、同じモノが返ってきます。

部下の事を信じて、仕事を任せましょ。

部下に仕事を任せる方法

部下に仕事を任せる方法

部下のスキルを把握し、レベルに合う仕事を任せましょう。

なんでかというと、任せても上手く行かなければ、部下が自信を無くしちゃうから。

余計なマイナスは減らしましょう。

  • 数値的には、部下のレベルよりも1.2倍の難しさまで
  • 下限は、0.8倍くらい
  • 丁度良いくらい ~ ちょっと頑張れば出来る ってレベルが良い

簡単過ぎると、信頼に繋がらないです。

難しすぎると、期待に答えられなかった事でモチベが落ちちゃいます。

でも、丁度良いレベルの仕事だけ任せなくてもOK。

時には簡単な仕事を任せても良いです。

言葉でのテクニックは、2つあります。

  • カチッ・サー効果
  • 奈良の鹿

それぞれ軽く解説します。

✅ カチッ・サー効果とは

明確な理由を付け加える事で、OKを貰いやすくなる方法。

「 急いでいるから、先にコピーを取らせてくれないか? 」

っていうと、順番を譲ってくれる確率が上がります。

ただ単に「 先にコピーを取らせてくれないか? 」と頼むより確率が上がります。

✅ 奈良の鹿とは

「 君になら 」「 君にしか 」と、君じゃないとダメな理由を言う時に使う、言葉の語呂合わせ。

合わせて使いましょ。

部下から信頼される方法2「日常の会話」

オフィスの何気ない会話

相手から信頼されるには、相手の事を知りましょう。

なんでかっていうと、自分の事をよく知らない人の事って、信頼しづらいから。

だから、部下から見て「 よく知ってるな 」って感じさせりゃ良いんですよ。

部下に「 よく知ってるな 」と感じさせるには・・・

日常の会話が大事。

何気にプライベートな話をしている時に、ただ聞いたり会話するだけじゃ、もったいない。

しっかり覚えておいて、後でメモしましょ。

そしたら、忘れないから。

また別の日に、「 この前、話してた〇〇ってどうなった? 」とか聞くと、心をガッチリ掴めますよ。

部下から信頼される言動

部下から信頼される言動

あなたの言動に一貫性が無かったら、意味が無いです。

いくらコミュニケーションを改善したとしても、理不尽さが治ってなかったらダメ。

一貫性がある事は、社会的にとても価値のあるモノです。

だからこそ、心理的に一貫性を保とうとしてしまいます。

ある人には優しくして、ある人には厳しく接する。

なんて一貫性の無い行動を取ってたら、信頼なんてされませんね。

時々、気付かない内にやっちまってる人が居るんで、気を付けましょう。

部下から信頼されるようになるには

部下から信頼されるようになるには

まず、自分の言動に一貫性があるかどうか、客観的に見ましょう。

一貫性が無い人は、何をやっても信頼されませんね。

  • 叱る基準を一定にする
  • 部下を明らかに、ひいきしない
  • 言った事と、やる事を一致させる

最低、この3点はやりましょう。

あとは、部下に対する接し方です。

  • 丁度良いレベルの仕事を、完全に任せる事
  • 部下との会話で知った事を、覚えておく事

この2点で、部下から信頼されるようになります。

全然難しくないでしょ。ちょっと面倒ですけど。(笑)

でも、信頼は努力で得られます。

やらない理由は無いでしょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。