マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

上司の指示を上手く部下に伝えるテクニック【中間管理職の板挟み】

  読者

上司からの指示が納得出来ない
だけど立場上、下に伝えなきゃいけない
どうしたら部下を納得させられるの?

  龍那

上からの指示を聞くだけじゃダメ

今回は、中間管理職の板挟みに悩む人のために書きました。

自分より上からの指示が納得出来ない。だけど、部下に伝える立場・・・。どうやって伝えれば良いか、解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 成果が得られる
  • コミュニケーション能力が上がる

バカ正直にそのまま伝えたらダメですよ。

目次

上司の指示はムリに納得しなくていい

上司の指示はムリに納得しなくていい

ロクに現場を見てない人からの指示は、極論・・・無視してもOK。

バカ正直にやらなくて良いんです。

なんでかっていうと、民間の正義は数字だから。

だからって、メチャクチャな働かせ方をしたらダメですよ。

上司からの訳分からん指示に、イチイチ従うな。って事。

ようは売上が上がれば良いんです。

そしたら、会社は文句言えませんよ。

あなたには頭脳がある。

ただの伝書板になっちゃダメ。

  • 数字を取る為にどうすりゃいいか
  • 最前線で働く部下のモチベをどうやって上げるか

管理職の仕事は主にこの2つ。

上からの指示を、そのまま下に伝える事じゃない。

極論、頭おかしい指示なら無視しちゃえば良いんです。

もしくは、やってる風にみせかけろ。

上じゃなくて、下を見なさい。

上ばっかり見てたら、絶対に本質からズレますよ。

上を見る時は、「上の人が本当に喜ぶ事って何だろう?」と想像する時くらい。

つまり、結果。上は結果(利益)が欲しいの。

上司にペコペコ頭下げて、言いなりになるだけじゃ売上は上がりません。

上司の指示に納得出来なくても、まず聞くコトは・・・

上司の指示に納得出来なくても、まず聞くコトは

「 上から何て言われましたか? 」

よっぽど小さな会社でなければ、社長から直接指示は飛んできません。

あなたの上司も、更に上から何か言われます。

もしかすると、上司は上手くあなたに事細かく指示が出せないのかも。

上司が何でこんな事を言うのか、その根本的な理由を聞き出してみましょう。

例えば・・・「 売上を昨年より10%増を目標に 」と言われたとしましょ。

これを部下にそのまま伝えたって、どうしようもないです。

経営管理とは数字。どっかの数字が悪いから、目標を高く設定するんです。

だから、「 上から何て言われましたか? 」って聞くの。

そしたら、原因も教えてくれますよ。例えば・・・

  • 経費(給料)が増えてる
  • 売上原価(コスト)が増えてる
  • 価格競争に巻き込まれて、お客様が離れてる

とまぁ、色々と原因はあります。

で、どうやって数字を取るか、考えましょう。

別に、あなた1人で考えなくて良いです。

部下の頭脳を借りても良いし、会社全体の問題として、じっくり策を考え直した方が良いと上司に伝えるのも、あなたの仕事。

中間管理職なんだから、平社員より発言力はあります。

あなたに同期のライバルとか居る環境なら、ガンガン存在感を示した方が得ですよ。

上司に可愛がられるのも悪くないですが・・・

「 仕事が出来る奴だ 」「 会社の為にメチャクチャ考えてる奴だ 」

って思わせたら、確実に周りと差を付けられますよ。

上司からの指示を、自分の部下に伝える技術

上司からの指示を、自分の部下に伝える技術

多少は嘘吐いてでも、部下のモチベを優先させましょ。

理由は分かりますね。

あなたは自分より下の人を管理する立場だから。

部下を上手く使うのが、あなたの仕事。モチベが下がるような事を言うのは間違い。

「 残業してでも、1日でやる仕事の量増やすぞ 」

って言われたら、テンション下がるでしょう。

「 部長が上に、15%増の目標の所、10%くらいにしてくれって頼みに言ってくれたから、なるべく頑張ろう 」

こうしましょ。

もちろん、ムチャな勤務をさせたらダメ。

部下のモチベが続かない。

10%増やすために、どうすれば良いか一緒に考える機会を作る。とか

言われた事を、ただやるだけの部下じゃなくて、一緒に考えて会社をデカくする。

そういう体験をやらせてあげましょ。

特に男には効果的です。

男ってのは、自分の身の回りより、会社や社会を変えたい願望を持つ傾向があります。

これは、今の男が社会的な評価で自分の価値が決まるって思いがちだから。

周りからの評価が高い = 俺には価値がある

こう考える傾向がありますね。

だから、会社に何かしら影響を与えるような事をやらせると、燃えます。

どういう言葉を使えば部下のモチベが上がるか。考えて伝えてみましょ。/p>

そしたら、成果も付いてくるし、管理職としてのコミュ力も上がります。

上司の指示に、納得できない時の対処法とは

上司の指示に、納得できない時の対処法とは

あなたがやるべき事は、2つ。

  • 上司からの言葉の意図を探る
  • 上司からの言葉をそのまま伝えない

何故、あなたの上司がこんな指示を出すのか・・・

本質を探るために、一言聞いてみましょう。

「 上から何て言われましたか? 」と。

じゃないと、部下に指示を出して問題を解決しようと行動してるのに、言葉の選択を間違えてしまいますよ。

例えば・・・

会社として、社内のコミュニケーションをもっと活性化させようと思って

「 休憩時間中にも、積極的に話しかけるように 」って訳分からん指示が上司から出てきても、正しく部下を導く事が出来ますよ。

あなたはただの伝書板じゃないでしょ。

考える頭脳があって、自分で自分の言葉を選んで伝える事が出来る。

自分の部下くらい、自分の力で上手く使いましょ。

管理職なら、部下のモチベくらいは管理しましょう。

私は、モチベの管理(心の管理)をする事が、管理職の仕事だと考えてます。

相手も人間ですから、思い通りに動かす事は出来ません。

だから、部下そのものを管理するなんて不可能。

どういう言葉を選んで使う事で、部下が気持ち良く働いてくれるか・・・

考えてコミュニケーションを取りましょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。