マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

若手社員とのコミュニケーションの取り方【簡単】

  読者

若手社員と話す時は、価値観を合わせるようにしてる
これでいいかな?

  龍那

悪くないけど、ベストじゃない

今回は、若手社員とのコミュニケーション方法について解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

相手に関係なく、コミュニケーションが上手くなります。

目次

若手社員に合わせるコミュニケーションは、疲れる

若手社員に合わせるコミュニケーションは、疲れる

疲れるのは、当たり前ですね。

どうして疲れるか・・・。自分を無理に変えてるから。

「 自分を変える方が楽だ 」と当ブログでは言ってますが、実は楽な事じゃないんです。

違和感がありますからね。

しかも日常の会話で、自分の考えを押し殺す。

なんて事は、とても大変です。なるべく自然と会話する方が楽ですよね。

もちろん、若手社員に合わせてコミュニケーションを取っても良いです。

だけど、それって楽しいですかね?

だから、若手社員に合わせる事は、悪く無いけどベストじゃない。って言ったんです。

私は、アレコレ意識しろ。とは言ってますが、相手の価値観に合わせろとは言ってません。

余計に疲れるんで、若手社員に無理矢理合わせるのは、やめましょ。

若手社員とのコミュニケーションで意識する事

コミュニケーション

意識する事は、以下の3点。

  • 話をちゃんと聴く
  • 頭ごなしに否定しない
  • 相手の興味、関心事に関心を持つ

基本中の基本です。

基本さえ押さえりゃ、相手が若手社員だろうが、コミュニケーションは上手くいきます。

若手社員とのコミュニケーションのポイント

1.若手社員の話を、ちゃんと聴く

若手社員とのコミュニケーションのポイント

コミュニケーションは、話す事ばかりに意識がいくけど、聴く方が大事。

なぜかというと、一方的に話すだけでは会話が成り立たないから。

自分が話した事を、相手が聴く。

相手が話した事を、自分が聴く。

互いに『 話す事 』と『 聴く事 』が成立しないと、コミュニケーションが取れてる。とは言えないでしょ。

特に『 聴く事 』が出来てない人が多いです。

だから、ちゃんと聴きましょう。

耳で聴くだけじゃダメです。

相手が「 聴いてくれてるな 」って感じるように聴かなきゃダメ。

意識する事は、以下の3つ。

  • 相手の目を見る
  • 相手の方へ体を向ける
  • 相槌を打つ

ちゃんと聴くってのは、身体全体を使うって事。

2.若手社員の話を頭ごなしに否定しない

自分の話を、さらっと否定されたらムカつくでしょ。

いくら自分の考えや価値観と違うからって、ストレートに否定しちゃダメ。

否定すると、全然喋ってくれなくなりますね。

だからといって、無理に合わせる必要はありません。

否定の仕方を工夫しましょ。

  • 「 新しい視点だな 」
  • 「 そうかもしれないね 」
  • 「 興味深い考え方だね 」
  • 「 〇〇さん、ならではだね 」
  • 「 そういう考え方もあるね 」
  • 「 独自の視点を持ってるね 」
  • 「 これまでにない斬新さがあるな 」

全部否定してるんですけど、「受け取っているよ」とサインを送れる言葉です。

使ってみましょう。

3.若手社員の話に関心を持つ

相手の関心事に、関心を持ちましょ。

知らん 関係ねぇよ って思うと、聴いている態度が崩れます。

ある意味、『 合わせる 』に近いですが、受け入れるって感じ。

「 〇〇さんは、〇〇に興味あるんだね。俺はよく知らないから、ちょっと教えてよ 」

って、話を振るのもコミュニケーション。

すると、話をしてくれますよ。

価値観を合わせるまでやらなくても、上手く会話は成り立ちます。

若手社員との価値観の違い

若手社員との価値観の違い

人それぞれ価値観は、全く違います。

なんでかっていうと、その人の今の状況ですぐ変わるから。

極端に言えば、眠い時は寝る事が優先になるし、腹が減ったら食事が優先になります。

家族が居ない人にとっては、自分自身が最も大事かもしれない。

子供が居たら、子供優先になっちゃう人も居る。

本来、無理に合わせようったってムチャな事なんですよ。

一応、年代別で大体の傾向はあります。

世代別 価値観の違い
表.世代別、価値観の違い

若手社員は、お金よりも自分の存在価値を求めたがってる傾向はあります。

だけど、若手社員の状態によって変化しちゃいます。

存在価値が満たされちゃってる人は、自分のしたい事をやりたがります。

若手社員がしたい事、あなたに理解出来ない事だったら、どう合わせますか?

合わせるなんて無理ですね。

価値観は違ってて良いんです。

相手の価値観を受け入れて、「 何で〇〇さんは、そう思うの? 」

って質問するのも、コミュニケーション。

良くないのは、「 俺はこう思ってる。お前は間違ってる 」

って言う事。本当は思う事も良くないです。

話を聴く時の態度に出ちゃうから。

互いの意見を言い合える関係を作りましょ。

あとは、下らないプライドを捨てる事ですね。

若手社員から学べる事だってあります。

そういう時は、素直に学ぼうって姿勢を取りましょ。

時代が変化する速度は、メチャクチャ速くなってます。

常に勉強しておかないと、何かあった時に飯のタネが無くなりますよ。

若手社員とのコミュニケーションの取り方

若手社員とのコミュニケーションの取り方

若手社員に、価値観を合わせる必要性は無し。

なんでかっていうと、価値観はすぐ変化しちゃうものだから。

大事な事は、若手社員の価値観に合わせる事じゃない。

若手社員の話を、受け入れる事。

受け入れる時の注意点は、3つありましたね。

  • 話をちゃんと聴く
  • 頭ごなしに否定しない
  • 相手の興味、関心事に関心を持つ

コミュニケーションについて、まとめた記事がありますので、合わせて読んでみて下さい。

» 【完全版】部下とのコミュニケーションに悩まなくなる方法論

ぶっちゃけ、相手が若手社員だろうがコミュニケーションは基礎さえ押さえりゃ、OK。

無理に、相手に合わせようって考えなくても大丈夫。

相手の話を受け入れる、心の余裕を持ちましょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。