マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下と友達関係になって、社内コミュニケーションを向上させる方法

  読者

部下とコミュニケーションを取るべきだと思う
でも友達関係になるのは違うと思うな

  龍那

上司として気にする事は、そこじゃない

今回は、部下と友達関係にならないか心配な方に向けて、解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 管理職として、本当に必要な事が分かる
  • 部下からの信頼が得られる

目次

部下と友達関係になっても良い理由

部下と友達関係になっても良い理由

友達になっちゃいけないルールが無い。

そんな事を意識すると、コミュニケーションがおかしくなるでしょ。

自然にしてりゃ良いんです。

毎日のように顔を合わせて、仕事をするんですから、友達になっちゃうのは仕方が無いんですよ。

ザイオンス効果(単純接触効果)という心理効果があります。

人や音楽など、どんなモノでも、何度も触れる事で好きになってしまう心理効果です。

だから、抵抗しちゃダメ。

部下と友達になるくらいで良い

部下と友達になるくらいで良い

部下と友達になるくらいの親密さになる方が良いです。

なんでかっていうと、管理職って部下を管理するから管理職でしょ。

部下の事を管理するのが仕事なんだから、部下の事を知らなきゃ出来ませんね。

相手は人です。

将棋の駒のように使えません。

部下だって人間で、それぞれ考えも性格も違う。

毎日のように状態が変化しますよ。

友達になっちゃうくらいの距離感の方が、管理し易いですよ。

何故、「部下と友達になっちゃダメ」と言われるか

何故、「部下と友達になっちゃダメ」と言われるか

部下の評価をする立場だから。

感情が入り混じって、評価に余計な要素が入っちゃうからです。

例えば

A君とは仲良いけど、B君とは相性が悪い。

仕事の出来は同じくらいだけど、A君の方が好きだから、A君の評価を高めにしちゃう。

こういった、贔屓(ひいき)がダメなんです。

✅ 贔屓(ひいき)とは、自分の好きな人に対してだけ、手助けをする事。

だから、「 部下と友達になるのはダメ 」という意見もあるんです。

私は、それとこれは別だと考えてます。

友達になっちゃうくらいじゃないと、最高のマネジメントは出来ないです。

でも、無理に全員の事を好きになれ。とは言いません。

大事な事は、好き嫌い関係なく、事実に基づいて仕事を評価する事です。

管理職として大事な事の1つです。

部下と友達になっても、管理職の仕事はやれ

部下と友達になっても、管理職の仕事はやれ

仕事とプライベートの線引きをキッチリしましょう。

管理職として、仕事をキッチリしないと、部署(チーム)は良くなりませんね。

仲が良くなる事で

  • 注意しづらくなる
  • 評価に贔屓が生まれる
  • 名前の呼び方が変わる

こういうのはダメ。

注意しなきゃいけない時は、キッチリ注意する事。

贔屓するよりも、管理職として部下から信頼されますよ。

部下同士のイザコザも起こらないですしね。

「 部長は好き嫌い関係なく、良い事は良い。悪い事は悪いって評価するんだな 」

って思われる方が、管理職として良いでしょ。

仕事しに会社に行ってるんですから。

管理職として仕事しましょ。

会社としてやるべき事 人事評定

会社としてやるべき事 人事評定

評価の仕方をキッチリ決めましょう。

曖昧なままだと、どうしても『 好き嫌い 』を要素の1つに入れてしまいます。

この仕事が1人で出来るから、このくらいのレベル。

とか、部下の仕事のスキルを純粋に見ましょ。

小さな会社だと、どうしても代表者の勝手な基準で決まっちゃいますね。

悪くはないんですけど、明確に基準がある方が、部下が変に気を遣わなくても良いので、優秀な人材が残りやすくなりますよ。

部下と友達関係になってもOK

部下と友達関係になってもOK

管理職の仕事は、部下が気持ち良く働ける環境を作る事。

その過程で、仲良くなっちゃうのは自然な事なんですよ。

無理に抵抗しちゃダメ。

コミュニケーションが、ヘタクソになりますよ。

「 友達になるな 」という意見があるのは・・・

  • 部下に注意しづらくなる
  • 部下の評価に影響する

という理由があるから。

部下を贔屓しない為には・・・

  • 注意する基準を一定にする事
  • 評価基準を明確化する事。

この2点を気を付けると、部下からの信頼が得られますよ。

頑張りましょ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。