マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下が喋らなくなった時の、正しい対処方法とは

  読者

部下が喋らなくなった
これって、ヤバいよね?

  龍那

ヤバいですね(笑)

今回は、部下が喋らなくなった時の対処方法について解説します。

本記事の内容

  • 部下が喋らなくなった時の対処法
  • 部下が喋らなくなる前のポイント
  • 部下が喋らなくなった後の行動に注意すべき事

目次

部下が喋らなくなった原因とは?

部下が喋らなくなった原因とは?

部下が喋らくなった原因は、主に3つ。

  • 上司に対する信頼が、無くなった
  • 仕事が楽しくなくなった
  • 退職しようか、考えている

大体、こんな理由ですね。

1番最初にする事は、話し合い

とりあえず、部下が喋らなくなったな、と感じたら、1対1で話し合う機会を、ちゃんと作りましょう。

話し合う機会を作る事が、メチャクチャ重要です。

なんでかっていうと、トンチンカンな対処方法をすると、人材を失うからです。

部下の話を聴く時のポイント

部下が喋らなくなったら、まず部下の話を聴きましょう。

部下の話を聴く時のポイントは3つ。

  • 部下の話をちゃんと聴く
  • 答えを持たないで聴く
  • 声になってない声を聴く

では、丁寧に解説していきます。

聴けているようで、聴けてない人が多いので、気を付けましょう。

◆部下の話をちゃんと聴く

  • 作業をしながら、話を聴かない事
  • 変に意識せず、自然と相槌を打つ
  • 表情は、部下の話に合わせて。無表情にならないように
  • 全身で、「 君の話、聴いてるよ 」となるように
  • ようは、聴いている時の態度が重要

◆答えを持たないで聴く

  • 話の途中で、「 どう返答するか 」考えない事
  • 特に経験豊富、頭の良い人は、やりがち
  • 的外れでも答えが返ってきたら、納得したフリをされます
  • そして、部下は余計に喋らなくなります

◆声になってない声を聴く

  • 部下の表情の変化に、敏感になる事
  • 部下は正直に、全て喋るとは限りません
  • でも、無理には聞き出そうとしない事
  • まずは「 時間を取ってくれてありがとう 」と言って、終わらせる
  • その後の部下の様子を、しっかり観察する
  • 部下が言いづらかった事が、見えてきますよ
  読者

そんな事している暇なんか、無いよ

そんな人は、普段から自分の仕事を部下に任せてない、あなたの責任です。

こういう時の為に、管理職は自分の現場仕事を出来るだけ減らしておきましょう。

管理職の本来の仕事は、部下のモチベーションを管理するのが仕事です。

» 管理職が自分の仕事を減らして、部下を育てる方法

部下が喋らなくなった時の2つのタイプについて

部下が喋らなくなった時の2つのタイプについて

部下が喋らなくなった時には、2つのタイプがあります。

  • 反抗型
  • 自信喪失型

それぞれについての特徴や、対処方法を解説します。

反抗型の特徴と対処方法

 部下が不満を持っていて、黙っているタイプですね。

  • どうせ言っても上司、会社は変わらない
  • まぁカネさえ入れば良いか
  • 上司や会社に失望している状態

私の印象では、仕事が出来る人は、反抗型になりやすいですね。

ただの自信過剰って事もありますけど。

反抗型の部下に対しては、下手な行動に出ると、足元をすくわれますよ。

ブチギレた時の行動力は、恐ろしいです。

なので、まずは話し合いの場で、ひたすら共感・同意をする事。

すると、気付けなかった事を教えてくれる場合があります。

  • 職場環境の問題点
  • 会社のシステム
  • 部下の間の人間関係

ですが、時々マトモな答えが返ってきません。

そういう時は、あなた自身に問題がある可能性があります。

「 あ、俺が何かしたかも 」って思ったなら、状況を改善する方法を、まとめた記事があるので、参考にしてみてください。

» あなたは、部下に嫌われてませんか?部下との関係を回復する方法

ひたすら聴きまくって、共感しまくっておけば、ちょっとだけ自分の意見を挟んでも大丈夫。

共感はしなくても、理解出来るよ、って伝えましょ。

例 「 そう思う気持ちはマジで分かるよ。俺も、前は超が付くくらい真面目で、真面目過ぎるって言われたくらいだから。でも、俺は、こう思うのね 」

以上が、反抗型の特徴と対処方法です。

次は、自信喪失型について解説します。

自信喪失型の特徴と対処方法

自分の話や意見を否定されてきた人は、自信喪失型になりやすいです。

反抗型とは違って、仕事のレベルは平均から平均以下の傾向がありますね。

無難に仕事をこなし、ミスが少ないタイプの人でも、なりやすいです。

こういう人には、答えやすい質問を投げてみましょう。

出来るだけ、部下が「 はい 」とだけ、答える可能性の高い質問をする事。

例えば

  • お昼食べた?
  • 頼んだ仕事、期日までに出来そう?

こんな感じ。

出来るだけ「 はい 」と、肯定しそうな質問をしましょう。

すると、部下の状態が変わってきます。

どういう事かというと・・・

言葉にはエネルギーがあります。

「 ありがとう 」と言いまくる人と、「 すみません 」と言いまくる人

どっちの方が人生が上手く行くと思いますか?

「 ありがとう 」と言いまくる人ですよね。

他人の口から耳に入る言葉と、自分の口で言う言葉では、圧倒的に自分の口で言う方が、脳に影響があります。

耳だけじゃなく、体内部からの振動が伝わりますからね。

自分の声を、自分の体で感じるのと、耳だけで聴くのとでは、音が全然違うでしょ。

だから、部下が使う言葉を意図的に変えさせるんです。

そして、少しずつ頭で考えて答えられる質問に変えていきます。

次は限定質問。

  • この仕事、どの程度まで終わってる?
  • この仕事、いつまでに終わりそう?

こんな感じの質問。

次は、拡大質問をします。

  • このプロジェクトを成功させるには、何が必要だと思う?
  • 客観的に見て、うちの部署に足りない事って何だと思う?

こんな感じ。

なるべく客観視して、答えられるような質問にしましょう。

部下の主観を聞くような質問は、必要無いです。

これで、自信喪失型は改善していきます。

部下が喋らなくなった時の、対処方法

部下が喋らなくなった時の、対処方法

上司に対する信頼が、無くなった

あなたが出来る行動は、2通りです。

  • プライドを捨てて、頭を下げる
  • とにかく自分の言動に注意して、改心を行動で示す

部下が喋らなくなったなぁ、と感じたら、信頼関係が崩れた可能性があります。

この場合は、部下と話し合いの場を設けても、分からない事が多いです。

だけど、何となく気付いたら、この2つ、やってみましょ。

信頼関係が崩れた原因は、いくつかあります。

  • 叱り方を間違えた
  • 言葉の使い方を間違えた
  • 社会的に、筋の通らない事をしてしまった

しょーもないプライドなんか捨てて、悪いと思ったなら謝った方が得ですよ。

» あなたは、部下に嫌われてませんか?部下との関係を回復する方法

仕事が楽しくなくなった

部下のモチベーションをアップさせましょう。

部下が喋らなくなったって事は、モチベーションが下がっている事も考えられます。

  • やりがいが感じられなくなった
  • 仕事をしても、誰も認めてくれない
  • 失敗続きで、モチベが維持できない

こういう状態になると、口数って減りますよね。

部下のモチベを上げる方法は、2つのポイントがあります。

  • 承認する事
  • 丁度良いレベルの仕事を任せる事

つい、やって当たり前の事や、仕事の成果が出ないと、褒めない管理職が居ますが、それがダメ。

褒めるレベルを、もうちょっと下げてください。

「 今日も仕事してくれて、ありがとう。助かったよ 」

最低でも、このレベル。

同時並行で、丁度良い感じのレベルの仕事を任せて、成功を体験させましょ。

これで、モチベは回復していきます。

なんせ、「 必要な人間なんだ 」「 誰かの役に立っているんだ 」と思わせる事が、モチベに繋がります。

そう思わせるための言葉を使いましょう。

» 部下のやる気が上がる、管理職が本当にするべき行動

退職しようか、考えている

早急に、退職を考えてしまっている原因を探りましょう。

新人を雇用して、育てる方が、会社にとっては不利益です。

部下が喋らなくなって、まだ顔に迷いがあれば、何とかなる確率は高いです。

話し合いの場で、原因が特定出来なかった場合は、『 要観察 』です。

退職に繋がる原因は、主に人間関係や仕事の負担です。

現場をよく見てみましょう。

» 新人が辞めない会社の作り方

 この記事は、これで以上です。読んで下さって、ありがとうございました。

 この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。