マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

部下に仕事を頼んでも、気持ち良く受けてくれる方法とは?

  読者

部下に仕事を頼む時に「 押し付けられた 」って
思われない方法ってある?

  龍那

ちょっとした言葉の選択だけでもマシになりますよ

今回は、部下に仕事を頼む時に、押し付け感を減らす方法を解説します。

本記事を読んで実践すると・・・

  • 部下のモチベを維持出来る
  • コミュニケーション能力が向上する

部下に嫌な顔をされるのは、単純に言葉不足です。

ちょっとした技術だけでもマシになるので、意識しましょ。

目次

仕事を頼んで、嫌な顔をされる理由

仕事を頼んで、嫌な顔をされる理由

主に3つあります。

  • 他の人でも出来るような仕事
  • 手伝っても、見返りがないと感じる時
  • 仕事量が多すぎて、引き受けられそうにない時

たいして給料が上がらないのに、何で俺ばっかりに任せるんだよ。

って気持ちが、顔に出るんですよね。

なんで、この3点に引っ掛からない環境づくり、言葉の選択をしましょう。

部下に仕事を頼む時の、ちょいテク

部下に仕事を頼む時の、ちょいテク

奈良の鹿です。

なんのこっちゃ? と思うでしょうが、ただの語呂合わせです。

「 〇〇さん なら・・・ 」

「 〇〇さん にしか・・・ 」

あなただからお願いするんです。と伝える為の言葉です。

これだけでも、部下の言葉のとらえ方が変わってきますよ。

でも、『 奈良の鹿 』だけに頼ってもダメ。

次は、もっと大事な言葉について解説します。

部下に仕事を頼む時に、最も大事な言葉

部下に仕事を頼む時に、最も大事な言葉

たった5文字です。「 ありがとう 」

  読者

なんだ、そんな事か

と思うでしょうが、かなり大事。

なんでかっていうと、人は誰かから感謝される事に幸せを感じるから。

感謝されるって事は、自分の存在や自分の行動を、相手に認められた証明ですね。

よっぽど、ねじ曲がってない人じゃなければ、嬉しいもんですよ。

だから、たった5文字で済む最強の言葉、「 ありがとう 」が大事なんです。

日本人は、代わりに「 すみません 」という人が居ますが、やめましょ。

言葉そのものの意味を表現するつもりは無いでしょうが、そんな言葉を聞く身にもなってほしいです。

以前勤めていた職場では、すぐ謝る人が居ました。

言葉の真意は「 ありがとう 」なんでしょうけど、「 ごめんなー 」という人。

私がこころよく手伝ってるのに、マイナスな言葉なんか聞きたくないです。

だから、「 ありがとう 」です。

使いまくりましょ。得しかしないんですから、やらないと損です。

仕事を頼んだ後も同じ

仕事を頼んだ後も同じ

やってくれて、当たり前って思っちゃダメ。必ず感謝しましょう。

じゃないと、次からイヤ~な顔されますよ。(笑)

もっと効果的な言い方は・・・

「 〇〇さん、仕事引き受けてくれて、ありがとう 」

名前 + 理由 + ありがとう  この型が、メッチャ効果的。覚えておきましょう。

なんせ、圧倒的に使う言葉が少なすぎます。

面倒臭がらずに、丁寧に言葉を使いましょう。

たった数秒の手間です。

数秒の手間で、コミュニケーションが格段に上手くなりますよ。

意識して、丁寧に伝えましょ。

意識し続けるのは大変です。

時々、自分を許しながら、少しずつ自分自身の行動や考え方を変えましょ。

» 【本質】習慣化で挫折しない為の方法

途中で挫折しない為の方法、考え方をまとめています。

ぜひ読んでみて下さい。

部下に仕事を頼める環境づくり

部下に仕事を頼める環境づくり

部下にメリットがある評価基準にしましょう。

なんでかっていうと、結局 仕事する = 収入を得る だから。

あなたが働く理由は?
参照:エン・ジャパン 「あなたが働く理由は?」

大手転職サイトのエン・ジャパンが取ったアンケート調査です。

働く理由は、収入なんですよ。

だから、ちゃんと評価として反映しましょ。

部下にとって、最大のメリットなんですよ。

言葉だけじゃ絶対に足りなくなります。

必ず、評価基準に入れましょう。

頑張った者が、得をする。

そういう職場づくりをしなきゃ、絶対サボる奴が出ます。

モチベだって、保てません。

これは、あなただけの力じゃ、どうする事も出来ないかも知れません。

なんで、会社を巻き込む事になります。

決定権のある人に提案してみましょう。

やらないと、何も動きません。

1個仕事を引き受けてくれたから、これだけ昇給。

ってルールは通りません。

引き受けてくれた量が誰よりも多いから、他の人よりちょっと昇給額が多い。

これでOK。

  読者

年1回の昇給じゃ、モチベ保ちづらそうじゃない?

  龍那

期間を半年とか3ヶ月に見直すのもアリですね

年1回の昇給額は、平均で1.45%程と言われてます。

つまり、3500円前後

参考:» リクナビNEXT 昇給の平均額(2015年記事)

年間で3500円上げるとして、半年に1回なら、1750円前後にする。

3ヶ月に1回なら870円前後にして、昇給のタイミングを与える。

そしたら、ほとんど年1回と変わらないんですよ。

仕事がデキる人は、ちょっと多めに貰えちゃうだけ。

経費は増えますが、優秀な人材が残ってくれやすくなります。

長い目で見たら、優秀な人材が残ってくれる方が、絶対に会社は得。

また新しく人を雇うとなると、時間もカネもかかります。

経験者を選ぶとなると、安い給料じゃ釣れません。

だから、評価基準に入れる事も大事なんです。

部下に仕事を頼んでも、気持ち良く受けてくれる方法

部下に仕事を頼んでも、気持ち良く受けてくれる方法

 手軽に出来る方法は、言葉を丁寧に使う事。

  • 〇〇さんだから、頼みたい
  • 引き受けてくれたら、ありがとう
  • 仕事が済んだら、ありがとう

最低でも、この3つは絶対に必要。

じゃないと、「 押し付けられた 」って部下が感じてしまいます。

そして、評価に反映させる事。

会社に所属してるって事は、収入を得る事が目的ですからね。

やった以上は、ちゃんと評価してほしいでしょ。

あるなら、ちゃんと評価として付ける。

無いなら、会社に提案をしてみる。

提案書の書き方は、Dropbox Businessを参考に書きましょう。

行動しないと何も変化しませんし、管理職なんだから部下の為、会社の為にアレコレ動くのが仕事ですよ。

9割くらいの人が、「 もっと挑戦しておけばよかった 」と後悔する人生です。

動ける体の時に動きましょう。

提案書くらいじゃ、クビになりませんよ。

あとは、あなたが実際に行動するだけです。

頑張りましょう。

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。