マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

新入社員の育て方 頑固な人の場合

 今回は、頑固な人の場合、どう対応すれば良いか解説します。

 この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。部下、新入社員の教育は、お任せください。

 

 

目次

頑固な人に対する考え方

頑固な子

 自分が正しい って思う病気だから、無理に変えようとしても無理。

 どんな人に対しても、「お前、変われ」って言っても変わりません。

 他人を変える事って出来ないんで。

 頑固な人なんて、余計に変わらないですよ。

 あなたも、相手も、イライラするだけなんで、やめときましょ。

じゃぁ、どうしたらいいの?

 承認ですね。

承認って何?

「 褒める 」に似てるんですけど、ちょっと違う。

 承認について、次で軽く説明しますね。

 

頑固な人の育て方1 承認する

承認

 承認とは、「ありのまま認める」っていう褒め方。

 一般的な「 褒める 」ってのは、結果が出たから褒める。

 つまり、特別な場面ですね。

 承認は、ありのまま認める褒め方なんで、結果関係なく褒める方法。

 

 レベルの高い管理職は、承認が出来てます。

 例えば・・・

 ミスをしても、挑戦した事自体を褒める。

承認して、何が解決するの?

 頑固を直すために承認する訳じゃ無いんです。

 今後の流れは・・・

  1. 相手の事を承認する
  2. 深いコミュニケーションを取る
  3. 信用されるようになる
  4. 性格に合わせて、上手くコントロールする

 なんせ、相手は頑固者。

 変えようたって、不可能。

 頭ごなしに否定なんかすると、相手が会社を変えようとします。

 中身って意味じゃなくて、会社を辞めるって意味で。(笑)

 だから、承認しましょ。

 承認のやり方については、【 実践編 】 褒め方のコツ < 永久保存版 >にまとめてますので、読んでみて下さい。

 

 承認ってメッチャ便利ですよ。

  • 相手の承認欲求を満たせる
  • 人間関係が良くなる

 結果が出て無くても、怒らずに支えてくれたり、教えてくれてる人の事、嫌いになる事は無いでしょ。

 だから、とりあえず承認で良いんですよ。

 

頑固な人の育て方2 深掘りをする

話を聴いてる人

 距離が縮まってきたら、相手の事をもっと知りましょう。

 っていうのは・・・頑固になる理由がいくつかあるんです。

  • 過去の成功体験が強い
  • プライドが高すぎる
  • 甘やかされてきた
  • 信念が強すぎる
  • 自己中心的
  • 負けず嫌い
  • 完璧主義

 面倒なのが、「完璧主義」「甘やかされ」「自己中」

 完璧主義者は、間違いを指摘すると修正してくれます。

 ちゃんと理論立てて間違いを指摘すると、良いですよ。

 指摘する方法は、【完全保存版】部下に指摘する時のポイントで解説してますので、読んでみて下さい。

 

 甘やかされ、自己中は、ミスを認めないタイプが居ますね。

 ミスを認めないタイプは、言い逃れ出来ないようにしましょう。

  • 自分がメモを取る
  • 事前にミスしやすい点を伝えておく
  • 時々フォローする
自分がメモを取るって、何をメモするの?

 伝えた事や、教えた事をメモしておきましょ。

 

【具体的な流れ】

  1. 伝えた事、教えた事をメモに書く
  2. わざとメモが見えるように、書く
  3. 知らないフリなどをしたら、メモを出して確認する

 ミスを追求しても良い事無い。

 ごまかしが出来ない人だな、って思わせりゃOK。

 合わせて、【教育係向け】全くやる気のない部下を、育てる方法を読んでみて下さい。

 

【注意点】

  • 「メモ取ったからな」と言う必要性は無し
  • メモを見せて、追い詰める事もしない
  • 言い逃れした時に、怒らない

 なんせ、やってしまった事は仕方ないですからね。

 軽く注意する程度にしときましょ。

 承認がしっかり出来たら、基本的に何言っても受け取ってくれますから。

 相手の承認欲求が貯まるまでは我慢。

 

 事前にミスしやすい点を伝えておく時、メモと合わせると良い。

 

 素直にミスを認めたら、「当たり前だ」と思わず、褒めましょ。

 褒めるのがヘタクソな人は、「当たり前」が多すぎ。

 

頑固な人の育て方3 仕事をしないタイプ

サボってる人

 仕事をしない頑固者は、シンプルにアウト宣言しましょ。

 仕事に対する信念が強い人は、バリバリ仕事します。

 だけど、仕事をしないタイプも居ます。

 

 仕事をしないタイプの人には・・・

  1. 個別で話し合う時間を作る
  2. 一応、記録を取る(録音)
  3. 注意する
  4. 余計な事は言わず、話し合いは終わりにする
  5. 仕事ぶりを観察
  6. 改善したら褒める
  7. 改善の傾向が無ければ、もう1度注意

 あまりにも続くようなら、人事評定してもらう。

 他の人だって見てるから、言い逃れは出来ない。

仕事してますよ って答えたら、どうすればいい?

 嘘かもしれませんけど、一応謝っておきましょ。

「そうか、ごめん。俺が見てる時、たまたま休んでたんだな」

 こんな感じで。

 よっぽど悪い性格してないと、信じてくれた人に嘘を吐き続けるのは難しいですよ。

 なんせ、反応的にコミュニケーションを取ったらダメ。

 どういう言葉を使えば、上手くコントロール出来るか考えましょ。

 

頑固な人に対する接し方

接し方

 基本的に、やってる事にケチつけなければ、静かですよ。

 あとは、頭ごなしに頑固さを否定しない事。

 

 相手は、ちょっと子供っぽい所があります。

 だからといって、見下すのはダメ。

 相手がどんな人であっても、上手く扱うのが、上司の役目ですよ。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。