マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【管理職向け】逆パワハラを受ける理由と、回避方法

部下からパワハラだと言われないか、心配やわ

 今回は、このような悩みを解決いたします。

 この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。部下のコントロール法を教えるのは、専門ですのでお任せください。

 

 

目次

パワハラの原因1 信用が無い

理不尽上司

1-1.信用を落とす原因

 無意識で、やっちゃってる人が居るので、気を付けましょう。

 

  • 言動に一貫性が無い
  • コミュニケーション不足
  • 部下の話を、全然聴いてない

 この3つの行動で、信用を無くします。

 

 軽く説明します。

『 言動に一貫性が無い 』

  • 部下には注意するのに、自分には甘い
  • 注意する時の基準が、人によったり、気分で変わってる

 

『 コミュニケーション不足 』

  • 不信感を産む
  • 単純接触効果を起こせない
  • 「自分の事を知ってくれてる人」の事を信用する心理になってる

 

『 部下の話を、全然聴いてない 』

  • 不信感を生む
  • 「自分の事を知ろうとしてくれてる」と感じない

 

 単純接触効果について、ちょっと説明しますね。

 ザイオンス効果とも言い、何度も見たり、聞いたりするなど、接触の回数が増えれば増えるほど、好感を持ってしまう心理効果です。

 なんせ、コミュニケーションに問題があります。

 

 もしくは、あなたの言動に問題があります。

 

1-2.信用を積み上げる方法

信用出来そうな人

 効果的なコミュニケーションを取りましょ。

どういうコミュニケーションを取れば良いの?

「 承認 」を意識しましょ。

 何だかんだで、承認が便利。

 なぜ便利なのか・・・

  • 相手の承認欲求を満たせられる
  • 相手は「俺の事、よく見てくれてる」と思う
  • 自分の自己効力感が上がる

 なので、やらない理由は無いですね。

何でそうなるか説明してよ

 承認については、【 実践編 】 褒め方のコツ < 永久保存版 >で。

 自己効力感については、【簡単】成果をあげる方法【3つの実践ポイント】で解説しています。読んでみて下さい。

 

パワハラの原因2 弱い

2-1.隙を見せるな

隙の無さそうな人

 パワハラだと言われるのに怖がってると、余計に狙われますよ。

 だけど、部下を怖がらせちゃダメです。

 じゃぁ、どうすればいいかというと、「ごまかしが利かない人だ」と思わせる事。

 

【 具体的方法 】

  1. メモ帳を作る
  2. 伝えた事、報告してくれた事など、メモする
  3. 本人の目の前でメモする
  4. 内容を、相手と一緒に確認する

 

【 注意点 】

  • 事実に基づいた会話と行動を、記録に取る事
  • 相手に「間違いないか」必ず確認する事
  • メモを見せつけ、追い詰めない事

 私が実際やられた、悪い例を紹介しておきます。

私「Aさん。ヤマト(仮会社名)から資料が欲しいとの事です」

A「おっけー了解」

数分後・・・

A「ダイワ(仮会社名)に確認したけど、違うって言ってたぞ。俺、メモってるからな」

私「・・・(自分が確認し忘れてんだろが)」

 ちょっと違う場面ですが、その場でちゃんと確認しましょ。

 あなたが損をするだけですよ。

 でも・・・近寄りづらいキャラを作らないように、気を付けましょう。

 

2-2.法律を学ぼう

法律

 ちょっと身構えたかと思いますが、難しい事を覚えろって訳じゃないです。

パワハラだ」と言われた時に、「証拠を出せ」と言うだけです。

 証言は、証拠にならないんです。

 あと、不安であれば、アプリで録音しておきましょう。

やりすぎじゃない? それに、法的に大丈夫?

 自分の身を守るためですし、犯罪にもなりません。

 録音は、断らなくても良いし、盗聴にもならない。証拠として認められます。

 詳しくは、参考にした岩熊法律事務所のHPを読んでみて下さい。

 

 もし、会社が証言だけで、あなたに不利益を与えそうな時は、戦わないと損をしますよ。

 波風を立てたのは、相手です。対処をする権利は、あなたにあります。

 泣き寝入りだけは、絶対にやめましょう。

 

 この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。