マネジュク【部下の育て方が分かるブログ】

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

新入社員の育て方 自分の権利ばかり主張する人の場合

今回は、自分の権利ばかり主張する人の場合、どう対処すれば良いか解説します。

この記事は、管理職アドバイザとして仕事をしている龍那(@lancelot2579)が書いてます。部下、新入社員の教育は、お任せください。

目次

自分の権利ばかり主張する人に対する考え方

自分の権利ばかり主張する人に対する考え方

いわゆる、ワークライフバランスを重視してる人とは、価値観が違うのかも。

  • 仕事が第一
  • 金さえ稼げればいい
  • 自分の時間を大事にしたい

色んな考えの人が居ますから。

自分が相手の事を理解できなくても、自分の考えを押し付けちゃダメ。

相手の事を否定しても、良くないですよね。

自分の事を否定されたら、嫌でしょ?

だから、とりあえず相手の事を知ろうと努力しましょう。

自分の権利ばかり主張する人の育て方1 相手を知る

自分の権利ばかり主張する人の育て方1 相手を知る

ワークライフバランスを重視する人は、大まかに3つの理由がありますね。

  • 時間の無駄が嫌い
  • 趣味に時間をかけたい
  • 何か別の大事な用がある

相手の事を知らなきゃ、ワークライフバランスを重視する理由が分かりませんね。

理由なんか知って、どうするの?

理由が分かれば、相手の満たしたい事が分かる。

すると、言い方が変わりますよね。

「何で皆と同じように早めに来たり、残業しないんだ!」

って言い方じゃなくて

「〇〇さんの趣味って、お金かかるし、時間欲しいよね。どうすれば収入も上がって、残業しないで済むと思う?」

みたいな言い方に変わるでしょ。

ま、ここまでの話に行きつくには、信用を積み上げなきゃ無理なんですけど。

人って、自分の事を簡単にペラペラ話してくれる人ばっかりじゃない。

初めて会った人とか、関係の浅い人には喋りませんよね。

特に男性は、あまり自分の事を喋らない傾向がある。

じゃぁ、どうやってコミュニケーションを取ったらいいの?

ポイントは3つ。

  • 相手の話を、ちゃんと聴く
  • 日常的に、相手の事をよく見ているか
  • 話掛けられやすい表情、態度をしているか

当然ですけど、自分の話を聴いてくれない人とは、マトモに話出来ませんね。

自分の事をよく見てくれている・・・つまり、承認してくれてるか。

何か機嫌の良い時と悪い時があると、話しかけづらい。

以下に、コミュニケーションについて書いてる記事を貼っておくので、詳しく知りたい方は読んでみて下さい。

自分の権利ばかり主張する人の育て方2 相手に合わせる

自分の権利ばかり主張する人の育て方2 相手に合わせる

ワークライフバランスを重視する具体的な理由が見えると、相手の求めてる事に合わせて言い方が変わりますね。

さっきの例・・・

「〇〇さんの趣味って、お金かかるし、時間欲しいよね。どうすれば収入も上がって、残業しないで済むと思う?」

趣味がゲームだったり、買い物だったりすると、相手の関心事に合わせて言い方が変わりますよね。

「課金して、ゲームでスカッとしたいよね」

「新作が出たら真っ先に買いに行きたいよね」

みたいにね。

人は、共感してくれると喜びます。人によりますが、どんどん話をし始めますよ。

その後で・・・

「趣味を楽しむために、お金も稼いで、残業せずに帰るには、どうしたらいいか考えてみよう」

って言うと・・・

相手は自分で「仕事をもっと効率良くしなきゃ」って考えるでしょう。

こういう考えが出なくても、「いや、お前な・・・」って言わない事。

ようは、こっちのお願いを、ストレートに言っても伝わらないよって事。

相手の関心事に関心を持てば、上手い変化球を投げられるようになります。

上手く伝われば、相手のモチベを上げる事が出来ますよ。

自分の権利ばかり主張する人が居たら

自分の権利ばかり主張する人が居たら

ワガママ言ってる・・・と考えて、無視するのはダメ。

もしかしたら、会社の就業規則を変えるタイミングかもしれない。

本当は、他にも不満を持ちながら仕事をしている人だって居るかも。

自分の権利ばかり主張する人を中心に考え直せ。

って訳じゃない。

でも、従業員満足度ってメチャクチャ大事。

ひょっとしたら低いかもしれない。

従業員満足度が低いと、顧客満足度だって上がらない。

会社の維持が大変になるかもよ。

相手の関心事に関心を持つだけじゃなく、会社のルールを変えるタイミングかもしれないって事も、頭の片隅にでも置いときましょう。

きっと、より会社が良くなりますよ。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。