マネジュク

「 私、それだ 」と気付き、学べる 職場での悩みに特化したブログ

【管理職向け】正しく部下を褒める方法

管理職

部下を褒める方が良いと言うけど
具体的にどう褒めたら効果的なんだ?

今回は、部下を正しく褒める方法を管理職向けにまとめます。

前回の続きの【 実践編 】として、褒め方のコツを教えます。

実践すれば、あなたの褒め方は格段に良くなって、部下のモチベーションがアップします。

目次

褒める時のコツは、全て土台から

褒めて伸ばす──という考えは、浅い

褒める時のコツは、全て土台から

意外かと思いますが「褒める」なんて行動では、まだダメなんです。

というのも「 褒めて伸ばすか 」「 叱って伸ばすか 」の2択で迷う人がまだ居るから。

からしたら、浅いです。

なんでかというと、「 褒める 」も「 叱る 」も部下が行動しないと管理職の人は出来ないから。

さて、私が何を言いたいかっていうと・・・「褒める」も「叱る」も管理職として当然の事ですよね。って話なんですよ。

あなたは部下がいつものように仕事をしている時に、どんな言葉を掛けてますか?

きっと、いつも通りだから何も言わないでしょう。

小学生でも分かりますけど、一般的に褒める時ってどういうシチュエーションか考えてみましょ。

  • 成約が取れた時
  • 頼んだ仕事が出来た時
  • 初めて1人で仕事を処理出来た時

以上のようなシチュエーションですね。

そりゃ、褒めるのは当たり前ですよ。

私がもっと大事にするべきだと思ってるのは、普段です。

普段、何気なく頼みごとをしたり、任せた仕事を持って来てくれたら何て言うか・・・。そこが重要。

「 褒める 」という意識だけでは足りない

「 褒める 」という意識だけでは足りない

褒めるのは当たり前です。だけど、それだけではダメです。

結果が出ない人や、行動していない人を褒めるのって難しいですよね。

✅ 具体例

  • 遅刻したけど、出勤した
  • すすんで行動したけど、失敗した
  • 電話が鳴ったので、受話器を取ろうとした

こんな時に、褒める人は管理職として達人級です。

ほとんどの管理職は褒めませんよね。

個人的な想像ですけど、「それくらい当然だ」「何も褒める事じゃない」って思ってるはず。

でも、その考えが管理職失格なんですよね。

しかし安心して下さい。92%の管理職は出来てませんから、あなただけ例外じゃないんです。

褒める方法のコツは、承認

褒める方法のコツは、承認

承認っていうのは、部下の行動ありのままを認める事です。

例えば

「ちゃんと謝ってエライ」というレベルで部下の事を褒めましょって事。

職場で部下に褒める時に使うとしたら

  • 今日も良い挨拶だね
  • 頼んでた資料、ありがとう
  • コーヒー入れてくれて、ありがとう
  • 今日も残業してくれて、ありがとう
  • 今日も仕事お疲れ。助かったよ

まぁ、こんな感じ。

どっかから「それくらい当たり前だろー」って声が聞こえてきそうですけど、こういう一言がメチャクチャ大事なんですよ。

よく考えて下さい。

普段から、ちょっとした事でも「ありがとう」とか「助かったよ」とか言われたら、どう?

嬉しいでしょう。百歩譲って、イヤな気分にはならないですよね。

こういうコミュニケーションで「誰かに認められてる」って実感するんですよ。

この「誰かに認められてる」が「承認」

では、この承認がなんで正しく部下を褒めるのに大事なのか解説します。

承認が無いと「褒める」も「叱る」も伝わらない

街中で知らない人にいきなり褒められたら、嬉しいですか?

⇒悪い気はしないでしょうけど、素直に喜べないですよね。

では、突然知らない人に叱られたら、素直に聞きますか?

⇒「誰だよお前。お前に言われる筋合い無いわ」って思いますよね。(笑)

どうしてこうなるかというと、「承認」が無いから。

もっと簡単に言えば、互いに互いの事を知らないから。ですよね。

余談ですが、まだ互いの事を知らない時に最適な褒める方法があります。それは後程。

承認の土台図

図のように、承認という土台が出来ていないと、褒めても叱っても土台に乗らないものだと考えて下さい。

普段ちゃんと仕事ぶりを見てくれてないクソ上司から、「お前は何やってんだよ!自分の仕事くらいちゃんとしろ!」って言われても、腹立つでしょ。

褒める時も同じで、普段から承認してなかったら、いくら言葉のテクニックを使っても相手の心に響かないんですよ。

承認という土台が出来上がってなかったら、「褒める」も「叱る」も受け取ってくれないんです。

だから、まずは承認しましょう。

結構勘違いしている人が多いので、次で承認についてもっと掘り下げます。

部下を褒めるのではなく、承認する事

承認とは

部下を褒めるのではなく、承認する事

承認とは、「他人に自分の事を認めてほしい」という欲求です。

この承認されたい欲求は、誰でも持っているものだと考えられてます。

欲求ピラミッド図

マズローっていう心理学者が提唱した人間の欲求を図面化したものです。

安全の欲求までは、ほぼ満たされてると考えてOKです。

社会的欲求や承認欲求を、周りの人が満たしてあげる事で、部下のモチベーションは爆上がりします。

社会的欲求とは、所属の欲求の事。「ここに居たい」「この集団の仲間で居たい」っていう欲求です。

この承認欲求までは「足りないから、満たされたい」っていう受け身な欲求なんです。

だから、出来れば周りが満たしてあげましょう。

自分で自分を褒める事が出来る人も時々居ますが、出来れば管理職のあなたが褒める方が良いです。

誰かに褒められる方が、本当に誰かの役に立っていると感じられますからね。

自分の行動で誰かが喜んでくれたら、嬉しいでしょ?

だから、口に出して褒める事が大事なんですよ。

承認する側は、損しない

実は部下を褒めまくると良い事が起こります。

  • 部下が言う事を聞くようになる
  • 褒めても叱っても、ちゃんと心に響くようになる
  • 部下のモチベーションが上がる
  • 部下から褒められる事も
  • 部下を褒める自分を承認出来る

5つめまで出来たら、管理職としては達人級です。

部下を褒めるプロになりましょう。

自分を褒める事で起こる事とは

  • 自分に自信が付く
  • 自分の事が好きになる

理屈を説明しだすと長くなるので、詳細は下記記事を読んで下さい。

承認には5つの種類がある

承認には5つの種類がある

管理職が部下を褒める時は、特別な時だ。と言いました。

それは承認でいうと「結果承認」です。

結果承認とは、結果を出した事を褒める事。例えば「良く出来ました」

褒めるのが出来てない管理職は、この結果承認だけやってます。

少し上手い管理職は、もう1段階下の「プロセス承認」もやってます。

プロセス承認とは、結果を出した時の経緯を褒める事。例えば「根気よく営業先に訪問してたよね」

一旦ここまでにして承認の一覧表を出します。

承認のレベル表

部下を褒めるのがメチャクチャ上手い管理職は、行動承認まで出来ます。

行動承認とは、部下の行動そのものを褒める事。例えば「〇〇してくれて、ありがとう」

行動承認までは、少し意識をすればわりと気楽に出来ますよ。

私もさすがに意識承認や存在承認は難しいです。(笑)

意識承認とは、部下が意識した事を褒める事。例えば「〇〇しようと思ったんだね。エライな」

存在承認とは、部下の存在そのものを褒める事。例えば「今日も来てくれて、ありがとう」

ちょっと言うのは気持ち悪いですよね。なので行動承認でOKです。

さすがに会社に来て何もしない部下は居ないと思うので。

部下の行動を褒める事を意識しましょ。

最初はとにかく「ありがとう」って言う回数を増やすよう意識すれば出来ますよ。

例えば、頼んでた資料を持って来てくれたら、まずは「ありがとう」

仕事終わりに「お疲れ様、今日もありがとね」

こんな感じでOKです。

更に効果的な伝え方があって・・・

「〇〇さん。〇〇してくれて、ありがとう」

こんなふうに名前と、してくれた事を付け加えると、メッチャ効果的です。

どんなシーンでも使えるんで、覚えておきましょ。

承認しても結果はすぐに出ない

承認しても結果はすぐに出ない

承認欲求は、どのくらい満たされてるか本人にも分からないんです。

承認のバケツ

このようなバケツを皆持ってると考えてます。

✅ 承認のバケツの特徴

  • 貯まってる水の量は、本人にも分からない
  • いっぱい貯まっても、変化がとても小さい
  • 他人を攻撃しちゃう人は、空っぽに近い
  • 自分で、水を捨ててる人も居る
  • 穴が開いちゃってる人も居る

だから、貯まったら減らないと思ってると思ったらダメですよ。

結構根気強く、部下の事を褒め続けましょう。

最初は疲れますが、損をする事は無いんで、やりましょう。

【オマケ】最強の褒め方 陰褒め

最強の褒め方 陰褒め

陰褒めは、部下が受け取れる状態でなくても使える、最強の褒め方です。

✅ 陰褒めが良い理由

  • 褒めた本人が居ない方が、受け取りやすい
  • 別の人から聞くと、お世辞に聞こえない

陰褒めは、部下が自分の目の前で褒められると「裏があるんじゃねぇか」って思っちゃう人が、受け取りやすくなっちゃうんです。

メッチャ便利なんですけど、注意点があります。

✅ 陰褒めのポイント

  • 言いっぱなしにしておく
  • リアルにやった事を褒める事
  • 「 あいつに言っておいて 」と付け加えるのはガチでアウト

「伝えてくれたら良いな・・・」って気持ちで、言いましょう。

✅ 陰褒めのメリット

  • 自分に自信が付く
  • 自分の印象が良くなる
  • 聞いてる人は、自分も褒められたいと思う
  • 聞いてる人は、悪口を聞くよりは気分が良い
  • 聞く人は、自分も褒められている感じがする

部下が間接的に褒められた時のメリットは以下のとおり。

  • 褒め言葉を受け取りやすい
  • お世辞っぽくない
  • より嬉しく感じる

本人に伝えてくれるかどうか分からないのは、効率が悪い。と思った人はこうしましょう。

【 効率が良い、陰褒めのやり方 】

  1. 信頼できる人を捕まえる
  2. 褒めたい人の良い所を、その人と確認する
  3. 一応、陰褒めのメリットを教える
  4. 褒めたい人に、信頼出来る人の名前を使って褒める

ようは、別の人があなたに対して陰褒めをした。という形を作るんです。

逆に、信頼出来る部下に「伝えておいて」と根回しする方法もあります。

さっきはダメって言いましたが、それは本人に「伝えておいてって言われたからね」と言われたら逆効果だから。

なので、後者は相棒を選ばないと失敗する可能性大です。

究極的には効率が悪くても、言いっぱなしの方がリスク0ですよ。

褒める時のコツ、叱る時のコツ

褒める時は、周りにも聞こえる場で

褒める時のコツ、叱る時のコツ

わざとらしくなく、周りの人にも聞こえちゃう声で言う方が、得です。

関係ない人もプラスの言葉が耳から入り、心地良い職場環境になりますよ。

ちょっと考えてみて下さい。

  • 管理職の口から褒める言葉が聞こえてくる職場
  • 管理職から怒号や、否定的な言葉が聞こえる職場

どちらの方が雰囲気が良いか、分かりますよね。

余談ですが、これを家で実践するとこうなります。

夫婦が褒めあっていると、子供は幸せに感じます。

逆に、夫婦ゲンカをすると、子供の脳にダメージが起こります。

2017年12月13日放送クローズアップ現代「 夫婦ゲンカで子供の脳が危ない 」より

叱る時のポイント

叱る時のポイント

叱る時は色々と気を付けないと、あなたが損をします。

【 叱る時の7つのポイント 】

  • 短く済ませる
  • 出来るだけすぐに
  • 遅刻程度の事で叱らない
  • 感情的な言葉を使わない
  • 周りに聞こえない大きさで
  • 相手が納得するように伝える
  • 改善する事で、メリットがある事を伝える

ダラダラ叱るのは、最悪。ただの、あなたの自己満です。

部下をイジメて気持ち良くなっても、あなたの評価が下がるだけ。

感情的な言葉は、相手をつい否定してしまうので、やめましょう。

「 いい加減な仕事をするな!だから、お前はダメなんだよ 」
これじゃダメ。

「 いい加減な仕事をするな!お前だからその仕事を頼んだんだぞ 」
このように言いましょ。

否定的な言葉を使う人と、一緒に居たいとは思えませんよね。

会社を辞めちゃう原因になるので、やめましょう。

こまかい事を注意しても、たいして良い事は無いです。

こまかい事を注意する時のポイントは、【完全保存版】部下に指摘する時のポイントで解説しています。ぜひ読んでみてください。

相手を納得させるのではなく、相手が納得するように言いましょう。

ミスが続く部下には・・・

「 次からは、こうしたらどうだろうか? 」と提案するのも、管理職としての役目。

叱る時は一緒にこういう事も言うべき。

  • 改善するメリット
  • 現状維持によるデメリット

部下が「 聞かないと損するな 」と思うような伝え方をすると、良いです。

叱る時も承認する事

叱る時も承認する事

例えば「いつもの君ならあり得ない事だよ」と言いましょう。

もちろん、普段から部下の事を見ていて、褒める事を続けてないと効果なしです。

先程もいいましたが、自分の事を否定する人からは離れたくなります。

職場では部下が会社を辞めるだけで済みますが、家だと家出や離婚になっちゃいますよ。

まぁ、それで済めば、まだ良いですけどね・・・

さっき例にあげたように、

「 いい加減な仕事をするな!お前だからその仕事を頼んだんだぞ 」

こういう言い方をすると、承認しているようにも聞こえるんです。

人格の否定や、存在の否定をするのはダメですよ。

管理職としてレベルアップしたい方は

» 【最新版】おすすめの本ランキング【管理職向け】

まとめ 部下を褒める方法【管理職向け】

部下を褒める方法【管理職向け】

部下を褒める時のポイントをまとめます。

  • 褒める回数をなるべく増やす
  • 増やすには、褒めるハードルを下げる
  • 褒める時の定型文は「〇〇さん、~してくれてありがとう」
  • 正しく褒める事が出来てる管理職は8%
  • 正しく褒める事が出来ていれば、叱る時も上手くいく

最初は心理的に行動に移しづらいですけど、92%もの管理職の人は正しく褒める事が出来てません。

出来てないのはあなただけじゃないので、少しずつやってみましょう。

この記事は、これで以上です。最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

このブログをもっと見る

Twitterにて、ブログの更新をお知らせしています。他、日常で使える有益情報などを発信しています。